海谷和秀マンガ紹介 

「南西レンズ」 1994

神経質な「わたし」が旅先で出会った眼のみえない少女から受けた、とある印象。18p。未発表。


「A DOG NAMED GON-CHAN」 1994

友達の愛犬ゴンチャンのために描いたマンガ絵本。未発表。


「働くをぢさん」 1995

大学の後輩に依存するノーテンキ男の話。22p+20p。講談社週刊モーニング第28回ちばてつや賞受賞


「麻雀カッパドキア」 1997

マンガ家カイヤが遭遇したビリケン、チョロケン、カッパとの麻雀生活ギャグ。2p×38話。週刊モーニング連載。


「ツキノワ」 1998

ダンナさんは社会的役割につかれてクマと交代してしまいました。読みきり20p。週刊モーニング掲載。


「ばびぶ三姉妹の華麗なる退屈」 2004-2005

上から馬術、美術、武術を得意とする警視庁特命三姉妹の苦悩と倦怠。2p×40話。双葉社小説推理連載。


「ばっはせんせい」「ばっはせんせい西へ」 2005

現代に甦ったばっはせんせいの憂鬱と情熱。12p。三蔵一行におともする事になったばっはせんせいの青春。16p。東京漫画社コミックギャグダvol.1 vol.2掲載。


「卒業旅行」「体育館に唸る音」「撮りたい…」 2006

ホラーマンガのアンソロジー本の企画に参加。それぞれ、心霊ビデオをテーマにして描いたもの。16p、16p、20p。古川書房「ほんとにあった呪いのビデオコミックvol.1 vol.3 vol.5」掲載。


「ヨメ惑星」 2003

買い物の途中で迷子になった主婦は。4p。未発表。


「ウナギ一夜」 2003

ウナギが語った悲劇とは。4p。未発表。


「アシアト証明」 2003

特異体質を抱えて生きる苦悩とは。4p。未発表。


top page