2001年 2003年前半 最新版
2002年の巻頭言バックナンバー

2002年12月31日朝

 相変わらず大掃除も、おせち料理の買い出しも放置してリンク集のリニューアル作業に打ちこんでいる私。お陰様でついに、「非コンサ系サッカーサイト」と「墓碑銘」以外はすべて再編作業が完了しました。残る作業ですが、やろうと思えば今日の出勤前に完了できる量ではありますが、まあ、年明け早々に作業を終えるようにします。やっぱりいくら何でも少しくらい掃除した方がいいでしょうから(^^;;;

 さて、こんな状況の中、私は、高橋しん先生が今年、連載を無事終えた「最終兵器彼女」をようやく読破しました。
 しばらく読んでいなかったので内容をちょっと忘れかけていたため、新たに購入した5〜7巻を読む前に、1巻からもう一度読み返していたんですが、読んでいるうちに、なぜ読むのが滞っていたのかという理由を思い出しました。
 すんごいしんどいんです。ついつい感情移入し過ぎちゃって、もう死にそうなくらい辛い気持ちになるマンガなんですよね。面白くて早く続きが読みたいと思うのに、こんなに読むのがはかどらないマンガというのはもうこの先出会うことがないかもしれません。

 しん先生の前作「いいひと。」のファンの中には、この「最終兵器彼女」について必ずしも高い評価をくだしていない人もいます。ネット上を振り返ってみると、「いいひと。」ファンサイト、「サイカノ」ファンサイトともにそれなりにあるのですが、それを兼ねているサイトというのは意外と少なく、少なくとも、「サイカノ」からしん先生のファンになった人が、じゃあ「いいひと。」も読んでみよう、といって、そっちの方にずっぽりとはまったという方にはお目にかかってないのですよ。「いいひと。」は全26巻、「サイカノ」は全7巻。私は当然「いいひと。」こそしん先生の代表作だと今でも思っていますし、(こんなに更新作業が遅れていながら何ですけど)例え何年かけても、「いいひと。」コンテンツをしっかりと仕上げたいと思っています。創作意欲は衰えていません。でも、世間一般の評価、および、しん先生の中では「サイカノ」の方が作品としてのクオリティーが高いと評価されているのでは? と思う節が無いわけでもなく(しんプレ! のバナーを見れば「いいひと。」と「サイカノ」の扱いの差は歴然)、読んでみて、そのジェラシーのような気持ちがさらに高まったことも事実です。私は熱烈な「いいひと。」派。誤解を恐れずに言えば、「サイカノ」を認めたくないという気持ちも若干はあるのですよ。「サイカノ」派の皆さんには笑い飛ばされそうですけどね

 詳しくは、「いいひと。」コンテンツの中に、「最終兵器彼女に関する10のエピソード」というコーナーを設けて書かせていただきますが(思いつきで10にしたけど、念の為にレジュメを書き出してみたらたった5分で10項目出てしまった。この調子だとまだ書き足りないことがたくさんありそう(^^;;; )、本当にしん先生が心血を注いで書かれていたマンガであることは読んでいて痛いほどよく分かりました。最終巻の巻末で、あまりにも自分が書いたキャラクターにのめりこみ過ぎて、精神的に落ちこんだままになり、でも、現実の世界では(何分週刊連載ですから)どんどん次の締め切りがやってくるということでかなり苦しまれていた、ということを打ち明けていました。でも、私が面白いと思ったマンガって大抵が、その先生たちがマンガ家生命を賭けて死ぬ気で書いた作品が多いんですよね。「はじめの一歩」なんて、前の連載作品が2つ続けて失敗して、これがダメならマンガ家生命が絶たれるという中、連載開始に至るまでネームを3000枚ぐらい切るほど書いては没、書いては没…ということを繰り返した上の血と汗の結晶が、第1話からの抜群の面白さにつながっているようですし、「電影少女」(桂正和、コンテンツ設置予定作品)だって、そういう話こそ聞いてはいませんが、同じような立場(「ウイングマン」以降の作品はコケまくってましたから)に追いこまれたと思われる中で、これまでの自分の絵のスタイルを一度捨て、現実の女の子に近いキャラクターを血のにじむ思いで編み出し、さらには従来の恋愛マンガの殻をぶち破る数々の努力と工夫があったからこそ、あれだけの人気を得る作品となり、以降、桂先生は見事に息を吹き返して現在に至っているわけですから。

 それにしても、いつもつくづく思うのは、書きたいことは山ほどあるのに、書くことに集中すればもっといろいろなことがかけるのに、それを整理してhtm.にしてアップする作業というのは、時間がかかってじれったいし、膨大なエネルギーが必要なんだなあということです。でも、例え読んでくれる人が少なくても、反響がなくても、書き上げたことで癒される部分はありますし、1人でも2人でも、少しでも反響があった日には天にも上りたくなるほど(ちせじゃないから上れませんが(^^;;; )うれしい気持ちになるものです。その瞬間が味わいたいから、これからも少しずつではありますが、このサイトをずっと続けていこうと思っています。

 おそらく、来年春になると、異動があり、プライベートな時間を削りながら仕事に打ちこまなければならない部署に行くことになるでしょう。まあ、この仕事がやりたくて、わざわざ秋田までやって来たんですし、(職業名は伏せますが)、仕事に打ち込むことで、「途中どんなに辛くても、仕事をやり遂げたことで癒される」「仕事で反響があると天にも上りたくなるほどうれしくなる」という気持ちが味わえる、とてもやり甲斐のある仕事です。正直に言えば、今の部署はだって十分やり甲斐はあるし、その上で自由な時間も多く取れるという、実に美味しいところなので、異動したくないのは山々なんですが、組織人として、そう我侭言っているわけにもいかず、しかも、自分がこの仕事を選んだときのことを振りかえれば、自分が本当にやりたい仕事はここの仕事ではないことは間違いないわけで、異動まで、あと3カ月しかない、というつもりで、仕事とともに、このサイトの更新も心して取り組んでいこうと思っております。

 今年も振りかえれば、決して満足に更新できなかったこのサイト。たぶん来年4月以降も、こんなペースでしか更新できないとは思います。でも、こんなだらしない頻度でも、更新をずっと待ってくださっている方がいることもよく分かりました。今年春に立ち上げた「秋田の飲食店に関する格付け」は、かなり反響があったらしく、紹介した飲食店のお客さんを通して、ここを見たという声も聞いております。それに関しては、本当に賛否両論あり、結果としてコンテンツ削除に至ったわけですけど、掲示板に書きこみがなくても、メールが来なくても、見てくださっている人は自分が思っているより大勢いるんだなあと、とても励みになりました。お礼を申し上げるとともに、期待に添えなくてごめんなさいと、一言申し添えておきます。

 さて、これが年内最後の更新にはなりますが、おそらく、新年は1月1日から再開します。つまり明日も更新することになると思います。どうせ家にいたってやること他にないですし、テレビだってどうせつまらないだろうし…

更新状況:リンク集改訂作業続行。コンサ関連サイトも再編。新着リンク19個所
     「いいひと。」に新コンテンツ「最終兵器彼女に関する10のエピソード」予告を追加するなど若干手直し

2002年12月28日午後

 本日もリンク集再編作業に黙々と取り組んでおります。こんなに一生懸命更新作業に打ちこんでいるのは本当に久しぶりかもしれませんね。そのかわり、ほかの作業が全然手付かずですけど(^^;;;

 で、リンク集の中でも、非常にボトルネックとなっていたのが、「8月7日、晴れ」との兼ね合いもある道の駅関連サイトの構造。どういう構造にすれば良いかと色々思案しておりましたが、まあ、もうこのサイトの前身だということを公言しちゃいましたし、kaz8というハンドルもカミングアウトしてしまったので、「共用しちゃえばいいや」と気が楽になり、ようやく更新に至りました。
 とはいえ、ここ4年間で、道の駅に関するHPは官公庁、ファンサイトを問わず劇的に進歩しておりまして、デザイン性にも乏しければ更新頻度ものろい私のサイトの存在価値はあるんだろうか? と青ざめてしまう状況にはあります。ま、それでも、自分の足で稼いだ生の情報はそれなりのものがあると自負しておりますので、あとは何とか頑張って更新するだけですね

 で、紹介文簡素化が奏功して、残るリンク集再編は、北海道・札幌関連サイト、サッカー関連サイト、コンサ関連サイトだけになりました。ま、北海道関連サイトは早ければ明日中にも終えられるでしょうが、問題はコンサ関連サイトとサッカー関連サイト。両方合わせて100個所近くあるからなあ(^^;;;

更新状況:リンク集改訂作業続行。道の駅関連サイト復活、その他のサイトと合わせ紹介文簡素化、再編。新着リンク計11個所

2002年12月27日午後

 気がつけば、今年も残すところあと5日なんですね。全然そういう緊迫感がないんですが。相変わらず部屋は汚れたままですし、もう奇麗にして正月を迎えようという気力もなくなりつつありますし…「どうせ彼女もいないから部屋なんか汚れててもいいもん」と開き直っちゃってますから。

 とはいえ、今年は例年より早く、昨日のうちに年賀状を書き終えてしまっております。「例年より」とかいっても、もうすでに、秋田市内にお住まいの方以外には、元旦に年賀状が届くかどうか怪しいんですけどね(苦笑)

 さて、前回も書きましたが、リンク集の文章の大幅な簡素化を引き続き進めております。当サイトの前進の「8月7日、晴れ」時代は、無料で掲示板をレンタルしてくれるところなど、そんなに多くはなかったですが、今では数え切れないほどごっちゃりあってすごいことになっておりますもんね。それに、CGIぐらい自分でいじれば、という声も当たり前のようにありますし(でも、そんなことに労力を注ぐぐらいなら、コンテンツ更新したいので私はその方面には手を染めません)
 そんなわけで、発足以来ほとんど更新されていなかった「ホームページ作成に便利なサイト」「I Envy You…」などは、今読み返してみると恥ずかしい文章が山盛りで困ったもんです。Tカップの巨乳女性を見て小躍りなんかするかい!、と自分の書いた文に突っ込みを入れたくなりますわ。気持ち悪いだけじゃん。いくらほかのスタイルが良くても、顔はそこそこ可愛くても、サイズが1mを超えると何か嫌、と思いますね。根本はるみ(103cm)はさすがの私でもちょっと辛いものがあります。100cmの大沢舞子が人間として限界じゃないですか。大沢さんは北海道出身だから無条件で応援してますし(^^;;;

 ま、巨乳話はともかく(^^;;;、何とかこの勢いで、すっかり死んだままになっている「道の駅リンク」や、「北海道リンク」も、早く復活させたいですね。大掃除なんてこの際どうでもいいかも(いいのか?

更新状況:リンク集改訂作業続行。いいひと。サイト、I Envy You…、ホームページ作成に便利なサイトの紹介文簡素化。
     新着リンク計18個所。デッドリンク削除、墓碑銘を1個所追加しました

2002年12月22日朝

 旧サイト時代から、このサイトの目標の一つとして「リンク集だけは立派なサイトにすること」というものを掲げていました。
 で、リンクを張るときは、相手のサイトを可能な限りしっかり見て、最低原稿用紙1枚分(400字程度)は紹介文をつけるよう心がけてきました。
 その方針を大きく評価してくださった方も多かったため、それを励みに頑張ってきましたが、そうすると、リンク集の更新だけで大幅な時間が取られ、なかなか更新が進まず、結局は更新意欲の減退につながってしまうという結果になってしまいました。
 最近のリンク集の更新状況を見ていただければおわかりになると思いますが、友人サイトを更新し、漫画サイトを更新し、コンササイトを更新したあたりで力尽き、そのほかのサイトがほとんど手付かずになっていて放置。また気が向いたら、友人サイト、漫画サイト、コンササイト、力尽き…という無限ループに陥っていました。

 これではいけない、ということで、ここに、リンク集の紹介文を大幅に簡素化することを決意しました。
 これから先、リンク集はかなり淡白なものになりますが、要はそのリンク先に飛べるかどうかが、リンク集の最大の価値だと思います。
 実は、「はじめの一歩」のリンク集を更新しながら、いろいろなサイトに回ってみましたが、ここ数年で物凄い数の「一歩」ファンサイトが誕生しながら、またそれが消えていったりしています。で、結果として、StudioJの公式サイトからのリンクでさえ、デットリンクになっているところがごろごろ出てくる始末(^^;;;
 本当に使えるリンク集を日々維持していくって本当に大変なことです。

 まあ、この更新頻度では日々維持していくというのは無理にせよ、できる限りそれに近づける努力を今後はしていこうと思っております。そんなわけで、今後の当サイトのリンク集の成り行きにご注目いただければ幸いです。

 …今度こそ、道の駅リンク集をしっかり構築しないと(^^;;;

更新状況:リンク集を大幅改訂。友人サイト、漫画サイト、一歩サイトの紹介文を簡素化。秋田サイトを廃止
     「一歩」コンテンツも更新しております

2002年12月21日午前

 忙しいときほど、変なことが気になってなかなか肝心のことが手がつかなくて困ることってありますよね。
 最近の私がまさにその状態。仕事も忙しいし、プライベートでも年賀状をいい加減かかないとまずいはずなんですが、こんな中、ずっとほっぽらかしておいた新コンテンツを立ち上げてしまいました(^^;;;

 といっても、実は、このサイトの前身の「8月7日、晴れ」時代から構想に入っていた、マンガ紹介コンテンツの一つなんですけどね。

 で、サイトを立ち上げるにあたって、改めて、そのマンガ家・きたうら克巳さんの作品が掲載されていた「りぼん」のサイトで現在の状況を調べてみたんですが、いくら検索しても出てこない。
 どうしてかなぁ…とネットサーフィンをしていて見つけた「りぼん」のファンサイト衝撃的な事実を知りました。きたうらさんの単行本はすでに全部絶版となっていたんです(^^;;;

 おそらく、絶版されてからかなり日も経っているのでしょう。気づくのが遅過ぎました。今となっては、きたうらさんが、どこで何をしているのか。そもそも生きていらっしゃるのかさえ分からないという有様。嗚呼、何てこった…

 でも、それだけに、だからこそ、このコンテンツを大切に育てていこうと思っています。おそらく日本唯一であろうきたうらさんの応援サイトになるでしょうから。

 ただ…お客さん、来るかなぁ(^^;;; (自信なし)
 ただでさえ、最近全然このサイトに対する反響がないからなぁ…
 それに、きたうらさんのマンガ自体の面白さは自信を持ってお勧めできるんですが、絶版されちゃあねぇ…

更新状況:マンガコーナーに「きたうら克巳さんを勝手に顕彰してもいいん会?!」を新設

2002年12月9日午後

 ここ数カ月、酒を飲んだ数時間後から胃がもたれるようになってきました。
 胃がもたれる原因は、飲酒そのものよりも、その後のラーメンやら何やらの食事が原因だとは分かっているのですが、どうにもこうにも止められず、一時期76kgまで落とした体重もまた80kgまで戻ってしまいました。いけませんねえ。現在は風邪ひき中なので中断してますが、また一生懸命プールに通って体重を落とさないといけませんね(^^;;;

 で、いずれにせよ、胃がもたれてむかむかして夜も眠れないなどというのは、20代のころの自分にはなかった現象で、自らの老化をひしひしと感じつつある今日この頃です。老化といえば、こんなところで堂々と書くのはさすがに恥ずかしいですが、【検閲により削除】を3日も続けると、【検閲】が激減してくるのを見るにつけ、「ああ、もう年なんだなあ」と思い知らされます。【検閲】も衰えが激しいですし、角度も甘くなってきておりますしね。もっとも、老化以前に、30を過ぎても【検閲】なのは情けないという話は当然あるでしょう。実際、20代後半の頃には、その件について、かなり悩んではいたのですが、30を過ぎると「【検閲】に狂ったり、【検閲】をして警察に逮捕されるよりマシだ」と、開き直ってしまった自分がここにいたりもします。いやまあ、別に一生【検閲】だけで満足して死にたいとは思いませんけどね(^^;;;

 …あーあ、検閲削除ばっかりで疲れた(^^;;;
 こうやって核心部分を削除しても、中身が通じる人には通じそうで怖いわ(苦笑)

更新状況:「はじめの一歩普及委員会」(マンガ)を更新しました。本格的な更新は約4年ぶり?(^^;;; 

2002年11月30日朝

URL変更のお知らせ

 So-netのシステム変更に伴い、従来のアドレスが12月末を持って使用不能となります。
 新しいURLはhttp://www007.upp.so-net.ne.jp/kaz8/です。
 ブックマーク、リンク先の変更など、お手数をおかけしますがよろしくお願いします。
 12月1日〜31日までは、従来のアドレスからこちらにジャンプできるようになっている…はずですが(すんげー自信なし(^^;;; )その機能は12月31日をもって終了いたします。ご了承ください

 以前も書いたことがありますが、そもそも、このサイトを立ち上げたのは、「カイシャの人にまでここのサイトの存在をあまねく知られてしまい、運営がやりにくくなった。別人格でこっそり新サイトを立ち上げよう」という動機からでした。そのために、ハンドルを変え、旧サイトは休眠状態にし、自己紹介も控えめにして、旧コンテンツの「kaz8」というハンドルをひたすら消しまくる…という面倒な作業に追われた経緯があります。そりゃーもう、大変でしたわ。仕事が今の3倍くらい忙しい中、寝る暇を削っての作業でしたから

 ところが、ある程度時間がたつと、その存在が結局また広く知られるようになってきちゃいました。まあ、そりゃそうですね。いくらハンドルを変えたところでコンテンツの中身は根本的に変わってないんですから。おまけに「秋田在住なのに北海道をこよなく愛する人間」「コンサドーレ札幌命」「道の駅スタンプラリーに萌え萌え」「巨乳好き」…という人格は変えようがないですから(^^;;;
 これらのキーワードで検索すれば簡単に見つかってしまうわけですね。

 一度、さらにURLを変えて、これらの人格を前面に押し出すのをやめて、METAタグもしっかり埋めて検索エンジンにひっかからないようにして、またしてもこっそりとサイト運営をしようかと検討したことがあります。とはいっても、コンテンツの中身や文体まで偽装するとなると、前回の移転作業を上回る苦痛が伴います。そもそも、単純にURLを変えるだけでも、作業量たるやすさまじいものがありまして、もううんざりというのが偽らざる気持ち。結局、その移転計画は立ち消えとなり、旧ハンドル「kaz8」も復活させてしまったところであります。

 ですから、今回のサイト移転は、できればこんな作業なんかやりたくないという意味では、非常に不本意なものではあります。まあ、従来と同料金で容量が倍増したり、カウンター設置が可能になったりと、サービスは向上しているんですが、もう作業が面倒くさい面倒臭い。
 新しいコンテンツのために文章を書くという作業は楽しいのですが、こういうメンテナンス作業はもう苦痛そのもの。こうやって、更新するネタと意欲にあふれていながら、単純作業が面倒臭くて、更新作業ははかどらないわけですわ(^^;;;

 これをきっかけに、リンク集の再編をしようと思っております。移転したり死んだりしているサイトが異様に多くて、これまたメンテナンスが大変なことになっております。
 リンク集だけでも充実したサイト、が当サイトのモットーの一つですが、それの難しさを痛感しているところです

更新状況:コンサドーレコーナーの日記帳は地味に更新中

2002年11月9日朝

 今のアパートに引っ越してきてから1年半以上経っておりますが、未だにこの部屋がちゃんと片付いた試しがありません。
 何をもって「ちゃんと」片付いているか、という線の引き方によっては一生部屋など片付くことはないかもしれませんが、ここでは、「部屋の中のすべてのものが、決まったポジションにセットされている」ことをちゃんと片付いていることの基準としておきます。

 で、ちゃんと部屋が片付かない最大の理由は「収納スペースに対して物が多すぎる」からにほかなりません。コンサドーレ札幌に関する色々な思い出の品、道の駅に関する色々な品、大量のネガ、大量のマンガ本、新聞・雑誌の切りぬき、CDの歌詞カードのコピー、ハズレた宝くじ…と、そのほとんどが、このサイトのネタに関するものであるのだが、明らかに量が多すぎて収集がつかなくなっている。

 で、何とか整理したいのだが、いかんせん、新聞を一通り読み終えたのがつい半年前(その後、またたまりにたまったが、昨夜までに全部読み終えた)。その間に、「あとでスクラップブックに張りつけよう」と切りぬいたものだけでもすごい量なのだ。多分、ダンボール箱にして4箱分はあるだろう(^^;;;

 ここまで来ると、もはや自分でも何を切り取ったのかさえ忘れている状況で、これらのものの整理となると、いつになるのかわからない。まあ、何とかして年内にはコンサドーレ札幌に関するものだけでもスクラップを完成させてしまおうと思っているが、先は長い。道のりは遠過ぎる…

 で、おそらく、それらが収集がついたところで、やはり収納スペースは絶対に足りない。そのため、客用布団(ろくに友人も遊びにこないのに。彼女とがが来れば布団は自分の分一組で充分なのに。彼女はいないけど)を圧縮してしまって、スペースを作り出そうという計画が1年前から持ち上がっている(圧縮袋購入済)。
 しかし、布団を圧縮するためには、そのためのある程度広いスペースを確保する必要があるのだが、その目処がさっぱりたたない。まあ、強引に物をどっか隅っこに寄せ切ってしまえばいいのだが、今のどこに何があるかわからないカオス状態でそれをやってしまうと後で撮り返しのつかないことになりかねない。やっと少しずつ、少しずつ片付けてきて、汚いながらも、どうにか整合性取れてきつつあるこの部屋。もうちょっと推し進めて、せめて、「収納スペースはないが、それが出来次第ちゃんと片付けられる」というところまで持っていきたい。この調子で頑張れば今月中には何とかなるかもしれないというところまで来ている。とりあえず、ダンボールだの古新聞などが部屋から消えたので、スペースは大分広がったし…。

 さて、こんな調子なので、いつまで経っても本格的な更新は進まないのだが、そんな中、「完璧に更新しようとするからなかなか更新ない。適当にやればできるんじゃないか」ということで、i-mode対応のメールマガジンを発行することにしました。
 することに…といっても、発行を始めてからもう1ヶ月近く経つでしょうか。次にはもう創刊20号目になるんですけど(^^;;;
 i-mode対応なので、1回250文字程度しか書けず、内容は決して濃くはありませんが、それゆえに、軽い気持ちで発行を続けております。いつまで発行しつづけられるか分からないので、表向きは不定期刊行となっておりますが、目標は毎週月・水・金曜日発行となっております。次の発行は11日(月)。実は、今月29日(金)まで、向こう3週間分がすでに書きあがっており、あとは自動的に朝7時過ぎにみなさんのお手元に届くよう準備が整っております。

 皆さん、って言っても、現在のところ、読者はたった7人。うち2人が自分(一応i-modeでどう映るのかチェックするために二重加入している)なので、実質の読者は5人ということになるのでしょうか。最初だからこんなもんですかね。せめて10倍ぐらいは読者を増やしたいですけどね。それくらいの人数になれば、「抽選で3名様にプレゼント」とかやっても、最低3人くらいは応募してくれそうですから(プレゼントの数より応募者が少なかったらさすがに泣きます(;_;) )

 で、もし興味がございましたら、どうぞhttp://merumo.ne.jp/i/00085625.htmlで登録してやってください。または、http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.htmlから、「道の駅」で検索すると、すぐ見つかります。このメルマガ発行サービスの中で、道の駅に関するメルマガをやっているのは、今のところ私だけですからね。

更新状況:道の駅コーナーに関しては、地味に更新されている部分もあるかも
     コンサドーレコーナーの日記帳も地味に更新中

2002年9月16日夜

 また、前回より更新しないでほったらかしの頻度が大きくなってしまいました。
 6月はW杯の観戦で忙しかったこともありますが、それ以上に、W杯での不規則な生活(時差がないのに不規則なのは何故? という突っ込みは却下。時差がない分、生で見られず時差観戦しなきゃならない分も多いんよ)がたたり、体重が90kgの大台に乗ってしまったことに危機を感じ、ダイエットに突入したことが大きかったです。
 ダイエットに突入したのが6月24日。ほぼ3ヵ月になります。その間紆余曲折はありましたが、現在の体重は78kg前後で推移しており、12kgのダイエットに成功したと言っても差し支えないでしょう。
 で、ダイエットに取り組んでいるうちに、昔の血が騒ぎ出し、一念発起、2年後に、秋田県では最もメジャーなマラソン大会「田沢湖マラソン」でフルマラソン完走を目指すことを決意しました。
 昨日は、フルマラソン完走のための第一歩として、10kmコースに出場。正直、練習不足で不安が一杯でしたが、終わってみれば、順位はさておき(想像以上にみっともなかった(^^;;; )、1時間10分44秒で、一度も歩かず立ち止まらない、リアル完走(←個人的にはこれが果たせなければマラソンを完走したとは言えないと考えている)を果たすことができました。
 来年は、じゃあフルマラソンを…というのはまだまだ無謀。このペースで42.195kmを走りとおせば、ぎりぎり5時間の制限時間以内で完走はできます。とはいえ、このペースであと4.2倍の距離を走りとおせと言われても現段階ではちょっと無理でしょう(^^;;;
 というわけで、来年は20kmに出場予定です。このペースで倍の距離を走りとおせば、制限時間である3時間以内の完走はらくらくセーフですが、先日試しに、田沢湖畔一周(20.6kmぐらい)でどれくらい時間がかかるか試したところ、最後はバテバテになって歩いてしまい、3時間49分もかかってしまいました(^^;;;。このペースで倍の距離を走るためには、減量もさることながら、体のすべての部分を見つめながら、充実したトレーニングを積まないといけません。

 というわけで、ただでさえ趣味の多い私に、ジョギングという趣味まで付け加えてしまった以上、今後はもうホームページの頻繁な更新は難しいかと思われます。したがいまして、断腸の思いでコンテンツ縮小を決意しました。
 とはいっても、これまでまがりなりにも反響をいただいたページはそのまま残し、今回は、「よそ者から見た秋田」(←できたばっかりやん(^^;;; )「くたばれ、だめ銀行」(←新サイトになってから一度もアップしてないやん)、「Project C」(←新サイトになってから一度も更新してない)の3つを閉鎖させていただきます。
 ごく一部から反響の声もいただいておりますが、その筋のファンのみなさんはごめんなさいね。

 なお、「Going 強引ドライブ」も、Contents欄から消えましたが、こちらについては、消去しているわけではなく、単にレイアウトの都合上、入り口を閉じただけです。引き続き、姉妹サイト「8月7日、晴れ」からお楽しみいただけます。
 もし、新コンテンツをまた作る機会があれば、数合わせのために入り口も復活することでしょう。

更新状況:コンテンツを整理縮小
     とっくに誕生日が来たので自己紹介欄も更新
     道の駅私的格付け報告書を一部更新しているかもしれません(作業はこれからなので…)

2002年5月26日午後

 前回に引き続きリンク集を総点検していますが、この作業、時間と手間がかかる上に、作業の結果、リンク先のコンテンツやリンク先そのものが減っていくという後ろ向きな作業になることも少なくなく、結構辛い作業だったりします。リンク先が切れていたりするのは、ここに来ていただいたみなさんにとっては不快だと思われるでしょうし、仕方ないんですけが、辛い作業だからこそ、ついつい先送りしているうちに3年も経ってしまったわけですね。
 そんな作業中、日本で一番最初に開設された「はじめの一歩」ファンサイト「LALLAPALLOOZA」が閉鎖されていたという事実が判明しました。さすがに衝撃と感慨を隠し切れません。が、幸い、同サイトのログを引き取る方が現われ、現在も昔のように…とまではいかなくても、昔の姿を残しながら運営が続けられています。ありし日の同サイトの賑わいの中にいた一人として、ほっとしています。
 で、もっと驚いたのが、そのログを引き受けてくださった方が、ここからリンクしていた人であったことですね。最初は、なんでその方のリンク先からジャンプすると「LALLAPALLOOZA」につながってしまうのか? と、ずいぶん悩みましたが(ジオシティーでもあるまいし、旧サイトがなくなったと思ったら全然違う管理人が全く別のサイトを開いているなんて普通考えられないですし)、ようやくそういう事情がわかりほっとしているところです。

 ま、いずれにしても、3年近くもリンク先をほったらかしにしておくのはいけませんでしたね(^^;;; これからもリンク先を増やしていきたいと思っておりますので、チェック作業はせいぜい年1回になると思いますが、ここをご覧のみなさんでリンク先に不具合があることを発見された方はご遠慮なくメールや掲示板でご指摘いただけると大変助かります。

更新状況:「マンガ紹介サイト」「はじめの一歩サイト」の紹介文を一部リフォームしました。
     「THE FIRST STEP」を墓碑銘に移しました

2002年5月24日午後

 リンク集を再点検しているうちに、先日お伝えしたinfoseek iswebの問題のほかに重大な問題が発生しておりました。
 当サイトは、前身である「8月7日、晴れ」のコンテンツを移設して作られておりますが、一方で「8月7日、晴れ」はそのまま残され、さらに、「kaz8」というハンドルを隠蔽するという偽装工作のために、コンテンツを大幅に書き換える作業が行われております。
 さらに、サイト開設当初とファイル構造を大幅に変更しています。当初は1つのフォルダに200以上もhtmやらgifをぶっこんでおり、重くなるばかりか、更新が煩雑になりすぎる嫌いがあったため、下層フォルダを細分化しています。
 おまけに、サイト開設当初、私は、index.htmというファイルの使い方をよく知らなかったため、各コンテンツのトップを「ippomain.htm」だの「consatop.htm」だの適当なネーミングをつけていた部分もあり、それを改善したりしているうちに、どんどん昔のサイトと構造が変わってきております。

 で、実に間抜けだったのは、私がMOでバックアップを持っていたのが、そういうもろもろの作業をする前の99年8月のもの(つまり、当サイト開設前)だった上に、今のパソコンを購入後、その当時のデータをそのままパソコンにぶちこんだため、コンテンツの一部が先祖返りをしたり、リンクが混線し、画像が表示できないなどあっちこっちで不具合が発生していました。
 …それに気付かずについ最近まで来てしまっていたというのはもう、恥ずかしいやら情けないやらですが、いろいろご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。

 現在、慌てて復旧作業をしようとリンク集の修正を急いでおりますが、そうやってリンク集を点検してみると、移転していたり閉鎖されていたりするリンク先も多く、作業はなかなかはかどりません。本日ようやく、草の根BBS「みみみネット」関係者のリンクを張りかえる作業を終えることができましたが、この調子で「はじめの一歩」「いいひと。」「北海道」「道の駅」…といきますと、下手すると年内はリンク集の更新で終わってしまうのか? という恐ろしい状況にもなりかねません。まあ、スピードアップを心がけますがね。

 それにしても、インターネットがいよいよ本格的に普及してきた98年ごろからホームページを作り始めましたが、その頃から続いているサイトって本当に一握りですよね。「はじめの一歩」関係ではうちは日本で2番目に古いサイト(古いだけですが(^^;;; )になっちゃってますし、ほかのコンテンツだって、新設の秋田コンテンツを除いては結構古くからやってます、みたいな感じになってます。
 というのも、私のように「更新できなきゃほったらかす」という割り切りができない人も多いらしく、あるJリーガーのファンサイトとして確固たる地位を築きながら「結婚するので、今後は今までのようにホームページ作りに力を注げない」とあっさりそのサイトを閉鎖してしまう律儀な人もいたりします。一歩サイトもそうやって「閉鎖」「休眠」に追い込まれていくところが多い中…私はなんとしても頑張らないとな、とは思っていますけど、いつになったら一歩概略史が最近発売された第61巻の分までフォローできるかわかったもんでないですし…それ以前に未だに部屋は片付かず、パソコンは例のまま…。ああ、もう今日も仕事の時間だ(^^;;;

更新状況:「知り合いのサイト」を総点検しました。
     「PSY_PRESENTS」を追加したほか、移転先への変更作業を済ませました

2002年5月21日朝

 ずーーーっと更新をサボっている間に、普通のサイトでは考えられないような失態を演じていました。
 このコーナーのメーンコンテンツの一つでもある「北海道再発見」のために借りていたfreeewebというところが、いつのまにかinfoseek iswebに変わっていたんですね。当然アドレスなんかも変わっておりまして、ずっとリンクが切れておりました。たぶんそういう告知なんかのメールも来ていたんだと思いますが…まあ、こんな調子ですから、そんなもの当然ろくに読んでおりませんし、たまにそのサイトにつないでみようと思ってもつながらくても「あ、サーバーエラーだな」と軽く受け流してました。
 さすがにここ1ヶ月ぐらい、「あれ、これはやたらとサーバーエラーが長すぎるな」と思いまして調べてみたら…サーバーエラーじゃなくて、私の頭ん中がエラーしぱなっしだった、ということにようやく気付いた次第ですm(_ _)m

更新状況:というわけで、北海道再発見など、infoseek isweb関連のアドレスの不具合を直しました
     「よそ者から見た秋田」に「秋田の元気なサイト」コーナーを開設
     「はじめの一歩普及委員会」に、投稿コラムを掲載
     (いただいてからずいぶん遅れてました。すみませんm(_ _)m )
     リンク集もいじっております

2002年5月9日夕方

 ここのところ、「コンサドーレ札幌万歳」の更新だけは精力的にこなしているのですが、ちっともほかのコーナーの更新が進みません。「コンサ〜」にしても、結構頑張ろうという気持ち7割、脅迫観念3割で更新してますがね。
 理由としては、まあ更新に時間がかかる、というのもそうなのですが、それよりも部屋の散らかり具合に原因があるんですよね。まあ、部屋が散らかっているというのは日常茶飯事ですし、そんな中でもコンサ関連サイトだけは着々と更新しているのですからやってできないことはないはずなんですが、部屋が散らかっていると、更新に必要な資料が散逸していて(特に道の駅)更新に取りかかれないというのが第1の理由です。(実は「はじめの一歩」を自分が何巻まで購入したのかさえわからない状態。本当は一歩概略史の更新したいんですけどね。時々メールもらいますし…コラムのネタもちゃんと考えてませんし←まあ、それは1時間もあれば書けるとは思いますけどね。一歩への情熱が無くなったわけでもないし、マガジンは毎週立ち読みしてますから)
 それよりも大きい第2の理由に「フィルムスキャナーが使えない」というトホホなものがあります。どうもフィルムスキャナーが、WINDOWS98、というか一般的なDOS−Vパソコンにつなげないらしく、対応しているパソコンといえば、WINDOWS95搭載のNECPC9821-V12、バリュースターというもう化石のようなマシンだけなんです。
 もう半年くらいスイッチを入れていないんでもう壊れている可能性さえあります(泣)
 で、なぜ電源を入れていないかというと、その理由がまた情けなくて、今更新につかっている、東芝のダイナブックの液晶ディスプレイがダメになっているんですよね。本体は老体ながら何とか動いておりますが(これもまた、最近は動作がかなり不安定で重い。私自身が窓を平気で10個も20個も開けたがる人間だから…というのもあるが、下手すると3つと窓が開かなくなるときさえある。重症)、画面が使い物にならないので、バリュースターで使っていたモニターをダイナブックにつなげて使うという「ノートパソコンの意味ないやん」的な使用方法を取っております。

 で、さすがにそれはまずかろうと、昨年末に(なぜかわざわざ大曲の(^^;;; )リサイクルショップに行ってモニターを買って来ようと思ったのですが、液晶の薄いモニターだと中古品のくせにえらい高い。また、普通のモニターは(思っていたよりは高価だったが)1万円を切る値段で手に入りそうだったものの、やたらとでかくて場所を取りそうだったこともあり、おまけに、おそらく現在のダイナブックより1スペック上のダイナブックが割とお買い得な値段で売っていたので、モニターの代わりにまたダイナブックを買ってしまったんですね(←俺って馬鹿?)

 これがはっきり言って大きな間違いでした。だって、何が面倒臭いって、新しいパソコンを買ったらまた設定から何から1から遣り直しでしょう。で、散逸した説明書やらプロバイダーの暗証番号から何からをかき集めていちいち設定をしなくちゃいけない。よって買ってから半年の間、新パソコンは見事に放置されています。思えば今のパソコンだって、本格的に使い出したのは買ってから1年以上経ってから。それまでは見事に付属の「大貧民」ゲーム専用機になってましたから(←ありがち(^^;;; )

 で、何だか偉い長くなってきたのでもう少し整理して書くと
・更新するためには、これまで取りためた写真をフィルムスキャナでスキャンしなくてはいけない
・フィルムスキャナが使えるのはバリュースターのデスクトップパソコンだけ
・バリュースターのモニターは、現在使っているダイナブックにつながれているから、バリュースターを使うためには、新しいダイナブックの設定を完了させなくてはいけない
・新しいパソコンの設定のためには、部屋を片付けて、各種説明書などを探さなくてはダメ
・部屋を片付けようと思っても余りにも散らかりすぎていて、集中力もなくてちっとも進まない
・よって、更新が進まなくなっている

 …どうです。見事でしょ(馬鹿?(^^;;;)

 というわけで、今日こそは部屋の掃除するぞー、と思ったものの、もうこんな時間(午後5時)
修理に出していた車を取りに行かなければならない時間ですし…うーん(^^;;;
 ま、頑張りますです。要は集中力なんだよな。「私、帰りたくない。kaz8さんのアパートに泊めて」などと私に言い出す娘がいれば、きっと2時間で部屋は片付くんでしょうけど…(←そんな娘いるわけありません(^^;;; )

更新状況:リンク集を少しいじりました。ほとんどがコンサ関連サイトがらみ。
     コンサ色のなくなってしまったサイトをその他のコーナーに移設なんかもしてます

2002年5月6日未明

 このサイトのタイトルの理由、および設置の動機などについてはこれまで散々語ってきたのでもう繰り返しませんが、現在のところ、カイシャの同僚でこの場所を見ているのはほんの一握りの人間ということもあり、当初の目的(カイシャの人にはあまり注目されないところで、のんびりとサイトをつくりたい)はほぼ達成できたものと思っております。
 そこでですが、ページによって、あるいは、ここのサイトとメールを出すときなどでばらばらに使われてきたハンドルをこのたび、もう一度統一してしまおうと思います。自分自身でも使い分けているのが何だか面倒臭くなってきましたしね。
 で、ここのトップページにはなんだかごまかして書いておりましたが、私自身が長年愛用しておりまして、一番普及しておりますハンドル「kaz8」(かずやと読む。かずっぱちでもカズエイトでもありません)をここでも正式に表記させていただきます。その方が当サイトの前身で、現在は道の駅サイトとして続いております「8月7日、晴れ」との整合性が取れてよろしいのではないでしょうか。というか、今回をもちまして、そちらのサイトを、正式に、当サイトの下層サイトとしてしまうことにします(ただし、あちらからはこちらには来れないようにはしておきますがね。念のため)
 ただし、このサイトのアドレス、メールアドレスなどは従来通りです。(今更変えるのも面倒だし(^^;;; )

更新状況:自己紹介をマイナーチェンジしました
    (そういえば引っ越してから1年以上経つのに住所変更さえしてなかった(^^;;; )

2002年4月19日午後

 大曲に住んでいたころから、一人でスナックなどに飲みに行く機会が増えています。ただでさえ、コンサドーレ札幌のサポーターやら道の駅めぐりやらに金がかかっている私が、さらに金がかかるようになり、結果として慢性的な金欠に陥っています。この先私はどうなるんでしょう。
 とかいいながら、つい勢いで(諸般の事情により、その原因についての説明は削除しました。後で色々問題になったらイヤですもんね。そういうアドバイスもいただきましたし…)飲食店紹介コンテンツなんておったててしまい、ますます金がなくなりそうです。

 どうしてこう金がないのかなぁ、と思い、家計簿でもつけてみるか、という気になることは多々あるのですが、性格がずぼらなことがたたり、長続き、どころかほとんどつけられることもありません。いつかは…と思い、レシートやら飲み屋の請求書やらは大切に取ってあるのですが、つい1ヶ月くらほったらかしておくと、いつ、どこで、いくら飲んだのか、すっかり忘れている自分に気がつきます。で、その単価が「5000円」「1万6100円」「6100円」「9100円」…。こんな勢いで月にのべ十数件も飲み歩いていて、しかも仕事帰りには夜食だぁ、酒だぁ…。さらにはサッカー観戦だぁ、道の駅だぁ、とやっていれば、そりゃ、手取り20万円もない安月給(←安くない! という反論は却下。それ以上の分はちゃんと働いてるもん(^_^メ) )のサラリーマンじゃあやっていけないですよね。

 ま、いずれにしても、このままじゃ、嫁なんてもらうどころの話でもなければ、彼女さえも作れません。何とかリハビリしなくちゃ…。