圏外からのひとこと出張所(ライブドア編)


2004年07月14日

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には -- (本家記事へ)

先週の週末に、たまたま近くの図書館にあったハンナ・アーレントの過去と未来の間を読んだんですが、さっぱりわかりませんでした(泣き笑い)。何言ってんのかわかんなくて半分くらい飛ばしていて、読んだというより眺めたという方が近いくらいなんですが、なんか、このオバサン、根性入ってるなあということだけはヒシヒシと感じました。意味わかんないけど、迫力というか凄みのある文章なんですね。

その中で、ひとつだけわかったのが「全体主義と権威主義は違う」という話。我々は民主主義を基準にして考えるので「民主主義でないもの」は全部ひとまとめに考えがちなんですが、ナチスドイツに代表される全体主義と権威主義は全然違う。

例えばナベツネさんの言動を見てると、アーレントの言う「権威主義」の意味がよくわかります。全体主義も権威主義も、上の人が何かを押しつけてくることは同じですが、「権威」というものは下を縛るだけでなくて、上に立つ人も縛るんですね。

「金持ってるだけじゃだめだ」と、ナベツネさんはライブドアの堀江社長を批判したそうですが、ナベツネさんの考えでは、金以外のプラスαを上に立つ人は持っている必要があるという意味だと思います。ナベツネさんは、下の言うことは聞かないで独断で何でも決めるのかもしれませんが、そのαには、彼も逆らえないということです。

「たかが選手がオーナーと対等に口をきけるわけがない」という発言は、「オーナーが交渉の窓口になることはオーナーの権威を損なう」という意味ではないでしょうか。つまり、オーナーは権力(金)を持っているからオーナーなのではなくて、「権威」を持っていることがオーナーであることの正当な根拠になっている。オーナーは、一定の行動様式に従って行動して、オーナーの「権威」を損なうことが無いように注意しなくてはいけない。そして、新しくオーナーになろうとする者は、正当な手順を踏んでその「権威」を継承する手続きを取るべきだ。

このように、ナベツネさんは「権威」を最重視する価値観を持っていると見ると、彼の言動はわかりやすく、首尾一貫しているように思えてきます。

ナベツネさんは民主的ではなく独裁的ですが、彼個人の思うがままに巨人やプロ野球を好き勝手にいじれるのではなく、彼が認める「権威」としてのありかたに、彼自身縛られているのです。それを背景にしていることが、彼の権力の源泉であると彼自身が考えている。

命令する者と服従する者との権威に基づく関係は、共通の理性にもまた命令者の権力にも基づかない。両者が共有するのは、ヒエラルキーそのものである。両者が承認するのは、このヒエラルキーの正しさと正統性であり、両者ともにこのヒエラルキーのうちで前もって決められた安定した場所を占めている(P125)

「YahooBBが切れやすい」とか「YahooBBから顧客情報流出」等と聞くと、私は心のどこかで「やっぱりな」という感覚を持ってしまいます。ソフトバンクやライブドアのような経団連的な秩序からハミ出した企業は、一方においてその革新性が魅力的に映りますが、同じ革新性の中に一種のうさんくささみたいなものを感じてしまいます。

これを読んでいる人が、その感覚を私と共有しているかどうかはわかりませんが、私自身は、ナベツネさんが尊重している「ヒエラルキー」の感覚を、自分が部分的には共有しているのを感じます。だから、自分の中で視点をちょっとだけ変えると、ナベツネさんが尊重しているものも見えてきます。

アーレントは、このような意味での「権威主義」を「全体主義」と区別します。

全体主義のシステムが証明したのは、いかなる仮説に基づいても行為は為されうること、しかも、その仮説に基づいて実際に首尾一貫した行為が為されるなら、どの仮説であれ真となり、現実的、事実的なリアリティとなることであった(P117)

ヒトラーがユダヤ人にしたことと、ナベツネさんがプロ野球全体や読売グループに対してなし得ることはぜんぜん違う、前者はアーレントの言葉を借りれば「驚くべき恣意性」、後者はナベツネさんの言葉を借りれば「金持ってるだけじゃだめだ」

そして、言われてみればあたり前のこの事実を無視して、我々が「民主主義VS(全体主義とか権威主義)」という図式でとらえがちなのはなぜか。そこが非常に難解なとこで私は勘違いしてるかもしれませんが、アーレントは、どうも我々が民主主義の本質を理解してないからだと言っているような気がします。アーレントは民主主義というものに危うさを見ていて「(民主主義とか全体主義)VS権威主義」という図式を描いているような気がします。

権威の崩壊は、全体主義の体制ないし運動そのものが直接もたらしたものではなかった。むしろ、政党制度が威信を失い、もはや政府の権威が認められないような一般的な政治的-社会的雰囲気に乗ずるには、体制であるとともに運動でもある形式をとる全体主義が最も適っていると思われたのである。(P124)

「権威の崩壊が民主主義とともに全体主義を可能にした」と言っているような気がします。

Moleskin Diaryのマフィア的全体主義の脅威

ロシアとアメリカは似たもの同士になりつつある.ロシアの方が少し過激なだけだ.

とありますが、確かに最近のアメリカはおかしくてロシアで復活しつつある全体主義に近づいていると私も思います。そしてこういう今の状況をアーレントの深い思索は見通していたように感じます。

民主主義という制度は根本に何か矛盾か幻想のようなものを持っていて、それに対してストッパーとなる「権威」を我々は非可逆的に喪失している。アメリカは民主主義を失なうことで全体主義になりつつあるのではなく、民主主義の可能性と危うさを同時に開花させたことで全体主義になりつつある。

ナベツネは明らかに時代錯誤だけど、それを拒否すると「驚くべき恣意性」を持った小泉さんが待っている。出口はなかなか見えてきません。実は、『意地でも絶望しないよコンテスト』の本当の意味はそういうことで、ハンナ・アーレントがそれに最初に参加した人なのかもしれません。

>> 次の記事 (プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか)

リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

このサイトは、圏外からのひとことからにライブドア関連する記事を抜粋したサイトです。


書いている人: essa



20060123_p01.html

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ

20060127_p01.html

ライブドアが普通に技術系であることについて

20060126_p02.html

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて

20060206_p01.html

ボケとツッコミとブロゴスフィア

20060202_p01.html

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?

20060125_p01.html

銀行の粉飾は適法でホリエモンの粉飾は違法?

20060127_p02.html

「日本の経営者は怠けてる」と外国メディアが見ている

20060125_p03.html

ビッグニュースがたくさん

20060125_p02.html

民放の根幹を揺るがす、ある“深刻な”事態(2)〜ネットに軸足を移し始めた巨大広告主たち - nikkeibp.jp - テレビは今、何をすべきか

20060124_p01.html

「罪を憎んで人を憎まず」2.0

20060120_p01.html

政治的バッドノウハウに立ち向かう作法

20060118_p01.html

お望みならば一国まるごとGoogle八分にして差し上げますがどうされますか?

20051029_p02.html

「モノ作り」という概念と「WEB2.0」という概念

20051025_p01.html

ルールの上の競争とルールを巡る闘争

20051005_p03.html

〜大ブロ式〜 - 「堀江と近藤=項羽と劉邦」説・あるいは徳について

20050916_p01.html

松下幸之助的線形倫理とホリエモン的非線形倫理

20050906_p02.html

英・インデペンデント:小泉首相の日本株式会社への猛攻撃でリベラルがあわてる

20050822_p02.html

知識人 VS 小泉さん

20050820_p04.html

asahi.com: 「思い上がり」「言いがかり」 堀江社長と亀井氏が対談 - 政治

20050820_p02.html

本拠地を移すタイプと守るタイプ

20050713_p03.html

13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕

20050513_p01.html

吉田アミさんの誕生日を祝おう!

20050413_p03.html

実情と本心

20050407_p02.html

PICSY blog: ホリエモンがPICSYをライブドアポイントに採用か

20050328_p04.html

ライブドアの広報担当の人、GJ

20050328_p01.html

Google八分発祥の地がGoogle八分に?

20050326_p03.html

ホリえもんは基本的に変わっていないんだと思うけども

20050324_p02.html

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学

20050319_p03.html

リスクテイカーへの感謝の祈り

20050313_p02.html

電網山賊: 市場は手続きだけを問う

20050312_p01.html

流動性の象徴としてのホリえもん

20050224_p01.html

ニッポン放送とフジテレビ、新株予約権で対抗

20050222_p01.html

グリーンスぱんのようなあの人

20050214_p02.html

世界はほんとうはもっと色鮮やかで豊かだし、残酷で不気味なんですよ?

20040924_p06.html

ライブドアの参加型ジャーナリズム

20040714_p01.html

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には

20040709_p01.html

プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか

20040707_p04.html

ライブドアが検索をGoogleからLookSmartに

20060126_p01.html

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」