圏外からのひとこと出張所(ライブドア編)


2005年03月24日

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学 -- (本家記事へ)

専門家が、自分の見た不確実性を正直に白状することを迫られている。

私が紹介した、不確実性・価値・公共性をめぐるリスクコミュニケーションの諸問題もそうだし、それに関して貴重な情報を提供していただいたswan_slabさんが遺伝子組み換えを礼賛する男という記事で取りあげている、遺伝子組み換え生物と生物多様性の問題もそうだと思う。

ライブドアのニッポン放送買収は、資本主義の市場の論理と、放送の持つ公共性や日本人の組織に対する感覚が葛藤を起こしていて、人権擁護法案の問題も法律論としての確実な論議の延長で、政治的、社会的問題が解決できるのかが問われている。

これらはどれも、「フレーミングの政治性」と「(カオス的)不確実性」がからんだ問題である。

フレーミングの政治性とは、平川氏の論文で問題とされているもので、専門家はある枠組みのもとで確実な因果関連を主張するが、その枠組みの正当性について考えない、そもそも特定の枠組みに立脚していることに自覚がないことだ。ある枠組みの中では客観的で絶対的な推論が可能だが、その結果得た結論が絶対的であると主張するのは、その枠組みを基準として選択することを、他者に押しつけることになる。

「(カオス的)不確実性」というのは、単にサイコロのどの目が出るかわからないという不確実性ではなくて、サイコロに何の数字が書いてあるか、そもそもサイコロがどういう形をしているかがわからないような不確実性だ。

例えば、遺伝子組み替えによって、ある個体の内部で何が起こるのかは、従来の生物学で予想できることである。その中には、「この遺伝子でこの病気にかかる確率が何パーセント」というような多くのサイコロがあるけど、そのサイコロに何が書いてあるかは、どんどん解明されている。しかし、それが生態系の中で繁殖した時に、何が起こりどのような影響を与えるのかは、サイコロの目からして読みきれない問題である。両者は違う性質の不確実性であって、ここでは仮に後者を「(カオス的)不確実性」と呼ぶことにする。

そもそも分子生物学は、「生命を分子の相互作用とみなす」という枠組みであって、同じタンパク質とアミノ酸のかたまりが、かくも多様な美しい地球を作っているということは気にしない。それを排除して、分子しか見ないことにしたから、これだけ発展したわけである。

ライブドアの問題も人権擁護法案の問題も、ある選択が複雑な社会の相互作用でどういう結果を生むのか、読みきれない問題である。ただ、それは「市場の中」でとか「行政と司法の関係」として特定の枠組みの中で理解すれば、解明可能な要素が多くある。

専門家がそれを解説することは望ましいことであるが、多くの場合、それは問題の解決につながらず、むしろ対立をより深刻にしてしまうことになる。

それは、「(カオス的)不確実性」という概念が一般に流通し、共有されてないことが第一の原因だと思う。

医者が「この手術の成功する可能性は80%です」という言い方をするのを許されるのは、「80%」という言葉、つまり「確率」という概念が一般常識として共有化されているからだ。だから、「うまく行くのか行かないのか専門家だったらはっきり断言しろ」等と言われることがない。安心して「80%」と言える。

医者が専門知識によって知り得た知識は「この手術の成功する可能性は80%」ということであって、それ以上でもそれ以下でもない。それを一般人にそのまま表明することが許されている。それも一種の不確実性であるが、そういう確率を含む言明をしても、専門家としての信頼性がゆらぐことはない。

しかし、「(カオス的)不確実性」に直面した専門家がどのようにふるまえばいいのかという倫理的な基準は、確率的事象に対するそれと比較して、全く確立していない。もし、正直に見たままを言えば、「この人は専門家と言っても実は何もわかってない」「いいかげんなことを言っている」と思われてしまうので、見た通りに言うことができないのだ。あるいは、専門家が専門知識を生かそうとすれば(生かすことで公共に貢献しようとすれば)するほど、そのような不確実性を避けた問題設定をせざるを得ず、それが「フレーミングの政治性」という問題につながっていくわけである。

もちろん、「それは典型的なカオスの縁です」等とテレビで言えば、「何言っているのかわからん」と抗議が殺到してしまう。

これは単純な知識啓蒙の問題でもあるけど、一方で、制御され得ないものを否認したがる傾向という宗教的な問題でもある。もうちょっと人生に覚悟があれば、そういう専門家も受け入れやすくなるのかもしれない。

>> 次の記事 (リスクテイカーへの感謝の祈り)

リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

このサイトは、圏外からのひとことからにライブドア関連する記事を抜粋したサイトです。


書いている人: essa



20060123_p01.html

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ

20060127_p01.html

ライブドアが普通に技術系であることについて

20060126_p02.html

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて

20060206_p01.html

ボケとツッコミとブロゴスフィア

20060202_p01.html

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?

20060125_p01.html

銀行の粉飾は適法でホリエモンの粉飾は違法?

20060127_p02.html

「日本の経営者は怠けてる」と外国メディアが見ている

20060125_p03.html

ビッグニュースがたくさん

20060125_p02.html

民放の根幹を揺るがす、ある“深刻な”事態(2)〜ネットに軸足を移し始めた巨大広告主たち - nikkeibp.jp - テレビは今、何をすべきか

20060124_p01.html

「罪を憎んで人を憎まず」2.0

20060120_p01.html

政治的バッドノウハウに立ち向かう作法

20060118_p01.html

お望みならば一国まるごとGoogle八分にして差し上げますがどうされますか?

20051029_p02.html

「モノ作り」という概念と「WEB2.0」という概念

20051025_p01.html

ルールの上の競争とルールを巡る闘争

20051005_p03.html

〜大ブロ式〜 - 「堀江と近藤=項羽と劉邦」説・あるいは徳について

20050916_p01.html

松下幸之助的線形倫理とホリエモン的非線形倫理

20050906_p02.html

英・インデペンデント:小泉首相の日本株式会社への猛攻撃でリベラルがあわてる

20050822_p02.html

知識人 VS 小泉さん

20050820_p04.html

asahi.com: 「思い上がり」「言いがかり」 堀江社長と亀井氏が対談 - 政治

20050820_p02.html

本拠地を移すタイプと守るタイプ

20050713_p03.html

13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕

20050513_p01.html

吉田アミさんの誕生日を祝おう!

20050413_p03.html

実情と本心

20050407_p02.html

PICSY blog: ホリエモンがPICSYをライブドアポイントに採用か

20050328_p04.html

ライブドアの広報担当の人、GJ

20050328_p01.html

Google八分発祥の地がGoogle八分に?

20050326_p03.html

ホリえもんは基本的に変わっていないんだと思うけども

20050324_p02.html

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学

20050319_p03.html

リスクテイカーへの感謝の祈り

20050313_p02.html

電網山賊: 市場は手続きだけを問う

20050312_p01.html

流動性の象徴としてのホリえもん

20050224_p01.html

ニッポン放送とフジテレビ、新株予約権で対抗

20050222_p01.html

グリーンスぱんのようなあの人

20050214_p02.html

世界はほんとうはもっと色鮮やかで豊かだし、残酷で不気味なんですよ?

20040924_p06.html

ライブドアの参加型ジャーナリズム

20040714_p01.html

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には

20040709_p01.html

プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか

20040707_p04.html

ライブドアが検索をGoogleからLookSmartに

20060126_p01.html

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」