圏外からのひとこと出張所(ライブドア編)


2005年08月20日

本拠地を移すタイプと守るタイプ -- (本家記事へ)

小泉さんと信長が似ているなんて今さら言っても何の目新しさもないが、「本拠地をどんどん移動していく」という共通点があることに気がついた。

信長は、美濃を制した後すぐに岐阜に本拠地とし、天下統一のめどがつくと安土城を作った。秀吉が大阪城を根拠地にしたのは、信長のプランを継承したという説もある。信長は根拠地をどんどん移しながら勢力を拡大していった。

小泉さんは、当初、YKKという若手の改革派を基盤としていたが、総裁選の時は自民党の地方支部票を取り込み当選した。そして、今度は、無党派を本格的に引きつけようとしている。自民党の中で地位を確立するに従い、YKKのKを切り、今は、刺客作戦やホリエモン擁立などの地方支部の反発がありそうな策で無党派に訴えている。

どちらも、自分が確立した基盤を、次のフェーズであっさりと捨てて、より大きな仕事に合わせた基盤を新しく作る。そこに躊躇がない。次に何をやるのかビジョンを描き、その為に最適な根拠地をゼロベースで選択する。過去との互換性より未来との接続性を重視する。

岐阜は中央進出の為の根拠地として最適の場所で、安土は日本統一の為に各地の方面軍を指揮し支援するのに最も便利な所。そして、大阪は海外進出を睨んでのことだろう。

この二人にとって、「現実的な政策」とは、現在地から容易に到りつける場所ではなくて、目標となる地点への交通が便利な場所なのだろう。現在地から容易に到りつける場所に移動して、そこから多くの障害を乗り越えて目標に達する方策は非現実的なものだとみなすのではないか。

実際、信長以外の戦国大名は、現在地から最も攻略しやすい所を狙って着実に成果をあげていたが、誰も目標までたどりつかなかった。もし、彼らが天下平定を夢見ていたなら、その行動は空想的であったということで、唯一現実的な路線を選択したのが信長なのだろう。

しかし、これについていけない人もいるのは確かで、明智光秀は、丹波を返上し中国2国に移るよう命ぜられたことでキレたという説がある。信長は部下に対しても根拠地に留まったまま次の仕事をすることを許さなかった。彼の新しい領地はずっと大きく、その平定は彼の能力と当時の情勢から見て容易なことであったのだが、細心に領地の経営に専念していた光秀には受け入れ難かったのかもしれない。史実としては別の説も最近は有力なようだが、この説が長く定説だったのは、その光秀の気分に共感する人が多いからだろう。

>> 次の記事 (13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕)

リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

このサイトは、圏外からのひとことからにライブドア関連する記事を抜粋したサイトです。


書いている人: essa



20060123_p01.html

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ

20060127_p01.html

ライブドアが普通に技術系であることについて

20060126_p02.html

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて

20060206_p01.html

ボケとツッコミとブロゴスフィア

20060202_p01.html

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?

20060125_p01.html

銀行の粉飾は適法でホリエモンの粉飾は違法?

20060127_p02.html

「日本の経営者は怠けてる」と外国メディアが見ている

20060125_p03.html

ビッグニュースがたくさん

20060125_p02.html

民放の根幹を揺るがす、ある“深刻な”事態(2)〜ネットに軸足を移し始めた巨大広告主たち - nikkeibp.jp - テレビは今、何をすべきか

20060124_p01.html

「罪を憎んで人を憎まず」2.0

20060120_p01.html

政治的バッドノウハウに立ち向かう作法

20060118_p01.html

お望みならば一国まるごとGoogle八分にして差し上げますがどうされますか?

20051029_p02.html

「モノ作り」という概念と「WEB2.0」という概念

20051025_p01.html

ルールの上の競争とルールを巡る闘争

20051005_p03.html

〜大ブロ式〜 - 「堀江と近藤=項羽と劉邦」説・あるいは徳について

20050916_p01.html

松下幸之助的線形倫理とホリエモン的非線形倫理

20050906_p02.html

英・インデペンデント:小泉首相の日本株式会社への猛攻撃でリベラルがあわてる

20050822_p02.html

知識人 VS 小泉さん

20050820_p04.html

asahi.com: 「思い上がり」「言いがかり」 堀江社長と亀井氏が対談 - 政治

20050820_p02.html

本拠地を移すタイプと守るタイプ

20050713_p03.html

13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕

20050513_p01.html

吉田アミさんの誕生日を祝おう!

20050413_p03.html

実情と本心

20050407_p02.html

PICSY blog: ホリエモンがPICSYをライブドアポイントに採用か

20050328_p04.html

ライブドアの広報担当の人、GJ

20050328_p01.html

Google八分発祥の地がGoogle八分に?

20050326_p03.html

ホリえもんは基本的に変わっていないんだと思うけども

20050324_p02.html

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学

20050319_p03.html

リスクテイカーへの感謝の祈り

20050313_p02.html

電網山賊: 市場は手続きだけを問う

20050312_p01.html

流動性の象徴としてのホリえもん

20050224_p01.html

ニッポン放送とフジテレビ、新株予約権で対抗

20050222_p01.html

グリーンスぱんのようなあの人

20050214_p02.html

世界はほんとうはもっと色鮮やかで豊かだし、残酷で不気味なんですよ?

20040924_p06.html

ライブドアの参加型ジャーナリズム

20040714_p01.html

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には

20040709_p01.html

プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか

20040707_p04.html

ライブドアが検索をGoogleからLookSmartに

20060126_p01.html

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」