圏外からのひとこと出張所(ライブドア編)


2006年01月23日

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ -- (本家記事へ)

エイチ・エス証券の野口英昭副社長の「自殺」を報道する記事は、記事によって随分バラツキがあります。

@nifty:NEWS@nifty:堀江元側近割腹自殺の波紋…首の両側、両手首に腹部(夕刊フジ)

駆けつけた救急隊員は「首の両側、手首も両方切っていた。腹部も切り、血の海だった」と証言。壮絶な割腹自殺だったことを物語る。

まず切っていた箇所が記事よって違いますが、この記事では「腹部も切り」と断言。

ホリエモン衝撃、元側近が「割腹自殺」 - nikkansports.com > 社会ニュース

那覇署の調べでは、野口さんは18日午後2時半ごろ、那覇市のホテル客室で倒れているのを発見され、病院に運ばれたが、腕や手首を切り出血多量で死亡した。遺書はなく、近くに血の付いた包丁があった。同署では自殺とみて調べている。19日、一部テレビ局の取材に応じた父親は「昨日の夜警察から『割腹自殺した』と連絡が入った」と話しており、腹部を切っていた可能性もある。

こちらは「腹部を切っていた可能性」という表現。

他の社は、「手首など」か「手首や首に」という所が多いです。

沖縄の男性遺体の身元確認〜自殺か、手首などに傷 : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ホテル従業員が合鍵で入ったところ、ベッドの上であおむけに倒れていた。(中略)遺書はなかったが、室内に荒らされた様子はなく、争ったような声もなかったことから同署は自殺とみている。

この記事だと、内鍵がかかっていたこと等への言及があって、自殺と判断した理由がわかるのですが、この点に言及してある記事は少いです。

北海道新聞 社会

また野口さんは手首などを切る約一日半前の17日午前4時ごろまで、同証券の家宅捜索に立ち会って係官の質問に答え、その後、家族に自殺をほのめかすような言動があったことも判明。

「家族に自殺をほのめかすような言動」は、本日、Google newsで検索した範囲では、この記事だけでした。

ポイントを表にしてみます。

記事怪我の場所遺書の有無言及「自殺をほのめかす言動」言及内鍵、争う声の有無言及
夕刊フジ首の両側、手首、腹部無し無し無し
中日新聞腕や手首有り無し無し
FujiSankei Business i手首など有り無し有り
読売新聞手首などに切り傷有り無し(合鍵で入った)
nikkansports.com腕や手首(腹部を切っていた可能性も)有り無し無し
北海道新聞手首など無し有り無し
asahi.com手首から血を流して有り無し無し

記事の時期もバラバラで、真面目な新聞とスポーツ新聞を同列に並べるのは多少問題がありますが、少しバラツキ過ぎてるような気がします。特に怪我の場所について、腹部を切っていたとするなら「手首」や「手首と首」という表現になるのは何故か?「遺書」「内鍵」「争う声」については、基本的に必ず書くべき項目と思われますが、全部網羅した記事はありません。

それと「腹部」を入れて、「全部入り」にすると辻褄の合わない記事になってしまうので、一部の事実を切り落して辻褄を合わせているのでしょうか?

あと、どこも触れてないことですが、私は、包丁の入手元も気になります。飛行機に持ちこんだのでなければ、東京在住の野口氏は、沖縄で包丁を買ったはずです。これから自殺しようとする人が入手元を隠す必要はないので、入手元は簡単に突き止められると思います。

買った店を突き止めて本人が包丁を買ったという証言を得られれば、自殺説の有力な根拠になると思います。捜査中の重要な事件の関係者ですから、それくらい調べるべきではないでしょうか?

ライブドア崩落3−−「沖縄の死」の不可解 : 月刊「FACTA-ファクタ」 阿部重夫編集長ブログ

それだけではない。報道によれば、傷口が5カ所、喉の左右の頚動脈と、左右の手首、そして腹部だそうである。どの傷口が致命傷になったかは判然としない。電話をかけてきた知人が指摘するように、それが自殺だなんて「法医学的にはありえない」。

ためらい傷をいくつも残すことはありえても、それは左手首なら数ヵ所とひとつに集中する。左手首を切って次に包丁を持ち替えて右を切って、さらに首という順で死のうと人は思わないのだ。いわんや、左の頚動脈を切ったら、血圧が低下して右の頚動脈まで切る力がなくなる。そのうえで腹部を刺す? これは不自然である。

こちらのブログ記事にあるように、怪我の位置については自殺に疑問を持たせるものですが、一方で、「内鍵」や「家族に自殺をほのめかすような言動」という事実(報道)もあって、簡単には他殺と断定することもできないと思います。

謎の多い事件(もしくは、たまたま各社ともに事実関係をうまく要約できない記者ばかりが担当してしまった事件)であることは間違いありません。

この「謎の多さ」「矛盾」自体がひとつのメッセージであるのでは?という意見が2ちゃんねるにありました。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1137974112/235

自殺か他殺か、真実は分からない。ただ一番おかしいと思うのは、なぜ普通に読めば明らかに「これは他殺じゃないか?」と読み手に思わせるような記述をしていながら、同時に「他殺なんて全く疑われていませんよ、これは自殺」という風に記事が書かれているかだ。

ものすごくきな臭い。発信者のどす黒い意図を感じる。

つまり、「日本には『自殺』として処理される他殺事件があるのだよ」という誰か生きてる人に宛てたメッセージ?

でも、確かにあるみたいですね。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 淀川の河川敷に男性の遺体 入水自殺か

3日午前零時45分ごろ、大阪市淀川区十三東1丁目の淀川河川敷で、男性がうつぶせで倒れているのを釣り人が見つけた。男性は死亡しており、背中にバーベルの重りと石が載っていた。

大阪府警捜査1課と大淀署は、男性が針金などで体に重りや石を巻き付け、入水自殺をした可能性が高いとみて、身元の確認を急いでいる。

調べでは、遺体は満潮時に水没する河原で見つかり、司法解剖の結果、20代で死因は水死とみられる。死後1−2日で、覚せい剤と睡眠薬摂取の反応が出た。左手の手首や甲、両腕に刃物で切った多数の傷があった。

重りは針金で上半身に直接巻き付けたとみられ、石が載っていたひざにはベルトで巻いたようなあとがあった。

「両腕に刃物で切った多数の傷」があって、「重りは針金で上半身に直接巻き付け」られてて、即日、「自殺をした可能性が高い」と発表ですか。

野口氏の自殺報道の事実関係がバラバラで中途半端なのは、マスコミがこういうことには深く突っこまないという、政治的バッドノウハウがあるから、という可能性はあると思います。

>> 次の記事 (ライブドアが普通に技術系であることについて)

リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

このサイトは、圏外からのひとことからにライブドア関連する記事を抜粋したサイトです。


書いている人: essa



20060123_p01.html

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ

20060127_p01.html

ライブドアが普通に技術系であることについて

20060126_p02.html

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて

20060206_p01.html

ボケとツッコミとブロゴスフィア

20060202_p01.html

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?

20060125_p01.html

銀行の粉飾は適法でホリエモンの粉飾は違法?

20060127_p02.html

「日本の経営者は怠けてる」と外国メディアが見ている

20060125_p03.html

ビッグニュースがたくさん

20060125_p02.html

民放の根幹を揺るがす、ある“深刻な”事態(2)〜ネットに軸足を移し始めた巨大広告主たち - nikkeibp.jp - テレビは今、何をすべきか

20060124_p01.html

「罪を憎んで人を憎まず」2.0

20060120_p01.html

政治的バッドノウハウに立ち向かう作法

20060118_p01.html

お望みならば一国まるごとGoogle八分にして差し上げますがどうされますか?

20051029_p02.html

「モノ作り」という概念と「WEB2.0」という概念

20051025_p01.html

ルールの上の競争とルールを巡る闘争

20051005_p03.html

〜大ブロ式〜 - 「堀江と近藤=項羽と劉邦」説・あるいは徳について

20050916_p01.html

松下幸之助的線形倫理とホリエモン的非線形倫理

20050906_p02.html

英・インデペンデント:小泉首相の日本株式会社への猛攻撃でリベラルがあわてる

20050822_p02.html

知識人 VS 小泉さん

20050820_p04.html

asahi.com: 「思い上がり」「言いがかり」 堀江社長と亀井氏が対談 - 政治

20050820_p02.html

本拠地を移すタイプと守るタイプ

20050713_p03.html

13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕

20050513_p01.html

吉田アミさんの誕生日を祝おう!

20050413_p03.html

実情と本心

20050407_p02.html

PICSY blog: ホリエモンがPICSYをライブドアポイントに採用か

20050328_p04.html

ライブドアの広報担当の人、GJ

20050328_p01.html

Google八分発祥の地がGoogle八分に?

20050326_p03.html

ホリえもんは基本的に変わっていないんだと思うけども

20050324_p02.html

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学

20050319_p03.html

リスクテイカーへの感謝の祈り

20050313_p02.html

電網山賊: 市場は手続きだけを問う

20050312_p01.html

流動性の象徴としてのホリえもん

20050224_p01.html

ニッポン放送とフジテレビ、新株予約権で対抗

20050222_p01.html

グリーンスぱんのようなあの人

20050214_p02.html

世界はほんとうはもっと色鮮やかで豊かだし、残酷で不気味なんですよ?

20040924_p06.html

ライブドアの参加型ジャーナリズム

20040714_p01.html

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には

20040709_p01.html

プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか

20040707_p04.html

ライブドアが検索をGoogleからLookSmartに

20060126_p01.html

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」