圏外からのひとこと出張所(ライブドア編)


2006年01月26日

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」 -- (本家記事へ)

mixi発で、「Perl VS Java」というテーマが盛り上がっている。「ソフトウエア業界の中で、ある種のスキルが正当に評価されてないのでは?」という疑問に、「そうだそうだ、おかしいぞ」と同調する声が高まり、「いや、それには正当な理由がある」という反対意見が出て議論になっているようだ。

錯綜する議論の中にいろいろタメになる見解を見ることができて、業界人の端くれとしていろいろ勉強させていただいたが、ちょっと違う視点から(だってそれしか売り物がない)ブログのネタとして業界の外へ発信してみたいと思う。

まず、最初に関連するリンクをならべておく(ちょっとそれ系の用語が多いので業界外の人はパスした方がいいかも)と、mixi内のものとして、

mixi外のものとしては、

私が過去に関連するテーマについて書いたものとしては

この中で、一番ポイントを押さえていてよくまとまっていると思うのは、Walrusさんの「なぜ「業務にPerlは使えない」のか? 」という記事である。Walrusさんは、「Webサービス開発案件」と「システム・インテグレーション(SI)案件」という違う種類の仕事がソフトウエア開発には存在していて、それぞれに必要とされる要件が違うから、スキルの評価は多元的になるというのが当然であるとおっしゃっている。

otsuneさんの「一次元の上下関係で優越感ゲーム」というのは、このことを裏から指摘されているし、私の「コンピュータの4つの文化」は、分類の枠組みが多少違うけど、趣旨は同じだ。

それで、面白いのは、この当然と思われる結論が出るまでにさまざまな意見が出て熱い議論になっていることである。あるいは、単に私がWalrusさんの記事を「決定版」と思っているだけで、議論はまだ続くかもしれない。

こういう状態になるのは、ソフトウエア業界の「全体像」や「地図」のようなものが、共有されていないからだと思う。

つまり、Perl屋さんはWEBが「世界」だと思っていて、PHPやRubyは視野に入っているが、SIerの世界が見えてない。Java屋さんは、SIの案件が標準的な案件と思っていて、WEBは例外だと考える。つまり、お互いが自分独自のバカ世界地図を見ながら、話をしている状況なのである。そのくせ、「ノルウェー」とか「ブラジル」とか表面的に共通する語彙はたくさんあるから、よけい話が混乱する。

複数の文化があることが問題なのではなくて、それらを包含する合意された枠組みが存在しないことが問題なのである。自分と遠い仕事をしている人を認識できないのでなく、複数の遠い仕事と自分の相対的な距離を把握できないことが問題なのである。

「バカ世界地図」には、アフリカ大陸の南端に「南アメリカ」という国がある。「南アメリカ」は国ではなくて、大陸の名前なのだが、単に場所が違うという問題でなく、そういう概念レベルの混乱がこの地図にはたくさんある。JavaもPerlもプログラミング言語の名前であると同時に、ある種の開発スタイルや開発する案件の種類を暗黙に代表していて、なかなか多面的な意味を持つ言葉である。

「うちは Javaで飯食ってるので、(Perlのような)そういう低レベルな言語を得意げに話されても困ります」

発端となった人が面接でこう言われたそうだが、この発言の、「Java」は広い概念、「Perl」は狭い概念で使用されている。この発言自体がカテゴリーエラーなので、言語としてのJavaとPerlを比較しても議論にはならない。Perlの人とJavaの人が議論すると、これと同じような概念の錯綜があって、なかなか収束しないのだと思う。

おそらく、私がWalrusさんのエントリーに説得力を感じるのは、ほとんど同じ「バカ世界地図」を共有しているからで、それが標準の「世界地図」であるという保証はない。違う「バカ世界地図」を持っている人に、自分の方が正しい地図だと言うことは難しいような気がする。

実際、Walrusさんの日記へのコメントには次のような発言がある。

去年一瞬だけERP屋さんとお仕事したことあったんですが、そのときはいわゆるSAP屋さんはJavaは相手にしてない雰囲気でしたよ。キャッチーなだけで使い物にならん、みたいな。元スレ(?)でのPerlと同じ扱い。

このSAP屋さんの「バカ世界地図」では、JavaとPerlが隣接している。

こういうことは、私がこの業界で20年間仕事をしてきて、いろいろな形でずっと感じていることなので、単に業界が未成熟とか発展途上ということではなくて、おそらく何か本質的な理由があるのだと私は考えているが、それが何かはわからない。


リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

このサイトは、圏外からのひとことからにライブドア関連する記事を抜粋したサイトです。


書いている人: essa



20060123_p01.html

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ

20060127_p01.html

ライブドアが普通に技術系であることについて

20060126_p02.html

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて

20060206_p01.html

ボケとツッコミとブロゴスフィア

20060202_p01.html

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?

20060125_p01.html

銀行の粉飾は適法でホリエモンの粉飾は違法?

20060127_p02.html

「日本の経営者は怠けてる」と外国メディアが見ている

20060125_p03.html

ビッグニュースがたくさん

20060125_p02.html

民放の根幹を揺るがす、ある“深刻な”事態(2)〜ネットに軸足を移し始めた巨大広告主たち - nikkeibp.jp - テレビは今、何をすべきか

20060124_p01.html

「罪を憎んで人を憎まず」2.0

20060120_p01.html

政治的バッドノウハウに立ち向かう作法

20060118_p01.html

お望みならば一国まるごとGoogle八分にして差し上げますがどうされますか?

20051029_p02.html

「モノ作り」という概念と「WEB2.0」という概念

20051025_p01.html

ルールの上の競争とルールを巡る闘争

20051005_p03.html

〜大ブロ式〜 - 「堀江と近藤=項羽と劉邦」説・あるいは徳について

20050916_p01.html

松下幸之助的線形倫理とホリエモン的非線形倫理

20050906_p02.html

英・インデペンデント:小泉首相の日本株式会社への猛攻撃でリベラルがあわてる

20050822_p02.html

知識人 VS 小泉さん

20050820_p04.html

asahi.com: 「思い上がり」「言いがかり」 堀江社長と亀井氏が対談 - 政治

20050820_p02.html

本拠地を移すタイプと守るタイプ

20050713_p03.html

13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕

20050513_p01.html

吉田アミさんの誕生日を祝おう!

20050413_p03.html

実情と本心

20050407_p02.html

PICSY blog: ホリエモンがPICSYをライブドアポイントに採用か

20050328_p04.html

ライブドアの広報担当の人、GJ

20050328_p01.html

Google八分発祥の地がGoogle八分に?

20050326_p03.html

ホリえもんは基本的に変わっていないんだと思うけども

20050324_p02.html

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学

20050319_p03.html

リスクテイカーへの感謝の祈り

20050313_p02.html

電網山賊: 市場は手続きだけを問う

20050312_p01.html

流動性の象徴としてのホリえもん

20050224_p01.html

ニッポン放送とフジテレビ、新株予約権で対抗

20050222_p01.html

グリーンスぱんのようなあの人

20050214_p02.html

世界はほんとうはもっと色鮮やかで豊かだし、残酷で不気味なんですよ?

20040924_p06.html

ライブドアの参加型ジャーナリズム

20040714_p01.html

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には

20040709_p01.html

プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか

20040707_p04.html

ライブドアが検索をGoogleからLookSmartに

20060126_p01.html

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」