圏外からのひとこと出張所(ライブドア編)


2006年01月26日

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて -- (本家記事へ)

私も、同業者という感じはあまりしなかったんですが、スラドのスレを見てみたら、いろいろ知らなかったことがありました。

オン・ザ・エッヂ、オープンOS「FreeBSD」の普及を目指し米社に出資

オン・ザ・エッヂ(4753)は、9月4日の取締役会でオープンソースOS「FreeBSD」大手ディストリビューターである米Berkeley Software Design(BSDi)に対して500万ドル出資することを決めた。

ACさんのコメントで知った。寄付ではなくて出資だけど、「500万ドル」は偉い。

m_at_mさんのコメント

おそらくはもの凄い過負荷に見舞われているであろう状況の中、安定した稼動を続けるサーバ(の中の人の運用の手堅さ)には感服しました。

これは重要な指摘。おそらく、技術の人だって今はそれどころではないだろうから、ここであわてて対策したのではなくて、普段からしっかりした運用ができていた、ということだと思う。

ACさんのコメント

最近のホリエモンからはそういう雰囲気は感じられないだろうけど、オン・ザ・エッヂ時代には自社開発(と言っていた。ホントかどうかは知らんが)したSledge [sl.edge.jp]なるアプリケーションフレームワークをGPLで公開 [internet.com]したりしてたんだよねぇ。当時は(今でも?)日本の企業が自社開発のソフトウェアをGPLで公開するってのはかなり珍しかったから、けっこう「ほほぅ」と思った記憶があるよ。公開されたもの自体には興味無かったけどね。

Sledgeという名前は知ってたけど、ライブドアが開発したものとは知らなかった。psychoさんのコメントも参考になる。

nimさんのコメント

堀江氏は学生時代バイトでサイバーエージェントのシステムのプログラムを書いていたそうですよ。少なくとも、藤田氏の目から見ると「サッと書いて原チャリで颯爽と帰っていくロン毛の腕利きプログラマー」だったようです。

へえー。

あと、自分で前から知っていたネタとしては、「livedoor 会社案内 経営陣より」にも名前が出ている、取締役の山崎徳之氏(末席だけど今見ると熊谷氏の次の次)は、Software Designで、「オープンソースによるSIPシステム開発の手引き」という記事を連載されていて、これはしっかりした内容で毎号ずっと読んでた。正直、かなり勉強になった。

この中でも、特に、BSDiへの出資には驚いた。

もちろん、日本で名だたる大企業もオープンソースにはいろいろ貢献しているし、そういう会社にも、ちょっとしたきっかけでタイーホされてテレビで叩かれてしまうような人もいるだろう(よく汚職事件とかあるしね)。しかし、そういうダーティな人と実地に貢献しているクリーンな人の距離が一番近いのはライブドアだったんだと思う。

ダーティな人とクリーンな人が隔てられていれば、問題が起きた時にクリーンな人が巻き込まれて苦労することはない。だが、問題が起きない時には、クリーンな人の意向がダーティで実権のある人に届くまでには無駄に時間がかかる。

ダーティな人は多少教育してもダーティなままで、クリーンな人は多少痛い目を見てもクリーンなままで、それは人生いろいろ人の好き勝手。コントロールできないことだし、コントロールすべきじゃない。

でも、ライブドアの外にもたくさんいる、ダーティな人とクリーンな人が、隔てられてた方がいいか近接していた方がいいかは、政治的な意思決定として国民が責任を持って決めるべきことだと思う。ライブドアを全否定すれば、BSDiに500万ドル出資するような会社は当分生まれない。ライブドアを是々非々できちんと評価できれば、両者の協力関係から新しいものが生まれる可能性は高まる。クリーンな人には500万ドル調達することはかなり困難だけど、ダーティーな人がクリーンな500万ドルを調達して、世界と自分の会社の為にそれを使うことなら充分あり得る。国際競争力を考慮してほどよい落とし所を見つけるべきだと思う。

(追記)

ライブドア、livedoor Wikiの正式サービス。更新通知やRSS機能を追加を入れ忘れててた。

正直に言うと、これを聞いた時には、Wikiの普及にとってプラスになるかマイナスになるか微妙だなあとは思ったけど、手が早くポイントを押さえていることは間違いない。

(1/27 追記)

ライブドアが普通に技術系であることについてという続編を書きました。

>> 次の記事 (ボケとツッコミとブロゴスフィア)

リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

このサイトは、圏外からのひとことからにライブドア関連する記事を抜粋したサイトです。


書いている人: essa



20060123_p01.html

野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキ

20060127_p01.html

ライブドアが普通に技術系であることについて

20060126_p02.html

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて

20060206_p01.html

ボケとツッコミとブロゴスフィア

20060202_p01.html

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?

20060125_p01.html

銀行の粉飾は適法でホリエモンの粉飾は違法?

20060127_p02.html

「日本の経営者は怠けてる」と外国メディアが見ている

20060125_p03.html

ビッグニュースがたくさん

20060125_p02.html

民放の根幹を揺るがす、ある“深刻な”事態(2)〜ネットに軸足を移し始めた巨大広告主たち - nikkeibp.jp - テレビは今、何をすべきか

20060124_p01.html

「罪を憎んで人を憎まず」2.0

20060120_p01.html

政治的バッドノウハウに立ち向かう作法

20060118_p01.html

お望みならば一国まるごとGoogle八分にして差し上げますがどうされますか?

20051029_p02.html

「モノ作り」という概念と「WEB2.0」という概念

20051025_p01.html

ルールの上の競争とルールを巡る闘争

20051005_p03.html

〜大ブロ式〜 - 「堀江と近藤=項羽と劉邦」説・あるいは徳について

20050916_p01.html

松下幸之助的線形倫理とホリエモン的非線形倫理

20050906_p02.html

英・インデペンデント:小泉首相の日本株式会社への猛攻撃でリベラルがあわてる

20050822_p02.html

知識人 VS 小泉さん

20050820_p04.html

asahi.com: 「思い上がり」「言いがかり」 堀江社長と亀井氏が対談 - 政治

20050820_p02.html

本拠地を移すタイプと守るタイプ

20050713_p03.html

13Hz!: アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕

20050513_p01.html

吉田アミさんの誕生日を祝おう!

20050413_p03.html

実情と本心

20050407_p02.html

PICSY blog: ホリエモンがPICSYをライブドアポイントに採用か

20050328_p04.html

ライブドアの広報担当の人、GJ

20050328_p01.html

Google八分発祥の地がGoogle八分に?

20050326_p03.html

ホリえもんは基本的に変わっていないんだと思うけども

20050324_p02.html

Ethics on the edge of chaos -- 「カオスの縁」の倫理学

20050319_p03.html

リスクテイカーへの感謝の祈り

20050313_p02.html

電網山賊: 市場は手続きだけを問う

20050312_p01.html

流動性の象徴としてのホリえもん

20050224_p01.html

ニッポン放送とフジテレビ、新株予約権で対抗

20050222_p01.html

グリーンスぱんのようなあの人

20050214_p02.html

世界はほんとうはもっと色鮮やかで豊かだし、残酷で不気味なんですよ?

20040924_p06.html

ライブドアの参加型ジャーナリズム

20040714_p01.html

権威主義と全体主義に挟まれて絶望しない為には

20040709_p01.html

プロ野球の「何が」生き残ろうとしているのか

20040707_p04.html

ライブドアが検索をGoogleからLookSmartに

20060126_p01.html

ソフトウエア業界の「バカ世界地図」