うちの猫たち

その1・・・・マイケル

 

いま、うちでは、4匹の猫を飼っている。

母猫と、同時に生まれた子供たちだ。

この猫たちとの間には、さまざまな

物語があるのだけれど、少しづつ

書いていこうと思う。

まず1匹。写真だけでも、とりあえず・・・。

男の子で、名前は、マイケル。うちでは、

一番、頭がいいような気がする。僕が

原稿を書いていると、よく、ヒザにのって

くる。一緒に、仕事をしているつもり

なのかもしれない。 (つづきは近ぢか・・・)

 

 

 

 

いつも、原稿用紙のそばには猫がいた・・・(1)

 

僕はいま、4匹の猫を飼っている。母猫と、同時に生まれた3匹の子供たちだ。子供たちは

4匹いたのだけれど、1匹は、つい最近、死んでしまつた。ノリという名前で、男の子だった。

去年の秋、病死した。このノリについては、いずれ、書こうと思っている。

さて、いまも、母猫のトロは、ソファーで丸くなって寝ている。このトロは、5月で18歳になる。

18歳といえば、かなりな長生きだ。トロと出会ったとき、この猫が、それほど生きるとは、

正直いって思わなかった。トロは、少し障害のある猫だったのだ。

いま、トロは、平和な顔で寝ている。その寝顔を見ながら、ふと、思いかえしていた。トロと出会った年、

僕は、小説の新人賞をとっている。そして、物書きとしてのスタートをきっている。という事は、

小説家としての僕の18年は、トロとともにあった事になる。僕が、原稿用紙に向かっている時、

そばにはトロがいた・・・・。

そんな、トロとの出会いから現在までを、思い出しながら、ぽつりぽつりと、書いていこうと思う。

それは、たぶん、小説家としての自分の18年を描くことになるだろう。日記などつけない僕にとって、

唯一、自分の生活記録になるかもしれない。 (つづく)

トロの写真を1枚、のせておこう。

 

 

トロ、18回目の誕生日

 

1998年5月10日、トロは18回目の誕生日をむかえた。この日の夜中、チャット中に、多くの人から

ハッピー・バースディー・コールが入った。トロをパソコンの近くにつれてくると、小さな眼で何かじっと

画面をながめていた。こんなに、たくさんのお祝いをもらうなんて、生まれて初めてだろう。

いつまでも、小さな眼で、画面をながめつづけていた。(トロは眼にも軽い障害がある。

それでも、じっと、パソコンの画面を見つめていた)

この日は、僕の誕生日でもあるので、そのあと、2人(?)して、カマボコで祝った。カマボコで

満腹になったトロは、テーブルで丸くなった。去年の10月に死んでしまった、息子のノリの

写真に、頭をくっつけるようにして、寝はじめた。夢の中で、今日のことを、ノリにはなして

いるのかもしれない・・・・。僕は、FMから流れるイーグルスを聴きながら、そんな、

トロの姿をながめていた。グラスの中で、氷が、ちいさく鳴った。ラナイの向こうの海が

かすかに明るくなり始めていた。

 

トロ、19回目の誕生日! (1999 5月10日)

おかげで、母さんのトロは、まだ元気です。ぞくぞくと掲示板によせられる「おめでとう」の書き込みを

少し不自由な目で、じっと見ています。あと何回、トロと一緒に誕生日が迎えられるか・・・・

みんな、ありがとう!!!

 

トロ、20回目の誕生日!(2000年5月10日)

なんと、トロが20回目の誕生日をむかえた。生まれつき障害児だったんで、

まさか、こんなに長生きするとは思っていなかった。嬉しい。

やはり、葉山のいい空気のせいか、新鮮な魚のせいか・・・。

 

この写真は、誕生日の午後に撮ったもの。海辺の部屋で、くつろいでます。

この夜は、地物のアジを刺し身と塩焼きでハグハグ・・・。

幸せそうにしていました。

最近、足がちょっと弱ってきたので心配だけど、なんとか、

トロと一緒に21世紀を迎えたいものだ。(あと7カ月・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トロ、ついに21歳!

トロがついに21歳になった。一緒に21世紀が見れた。

人間でいえば100歳をこえたらしい。(医者によると)

最近でも、ソファーに飛びのるは、エサも良く食べるは・・・。

ただ、以前から具合が悪かった腎臓が、たまに悪化して、

やたら水を飲んで、尿をたくさんする。けど、医者で検査したら、

ひどく悪くはないとのこと。めざせ、22歳!

 

 

TOP