2002/06

WR(ウエイトローラー)の溝を低速側、高速側それぞれ1.3mm切削した。
これによりシーブの移動量が約12mmになったのでゼロ発進、最高速共良くなった。
4VPのシーブも使ってみたけど、WR外径が小さい(φ15)ので移動量が稼げない。
純正のWRはφ18で値段も安いから(@\160)これはお勧めです。
ちなみにウエイトは内径を切削して調整している。(下記参照)
マロッシのはいいみたいだけど、かなり重そうに見える。
ローター削って軽くしてもシーブが重いんじゃ意味が無いし・・・

WR参考表

内径φmm ウエイトg
9.50 11.00
10.00 10.20
10.10 10.05
10.20 9.90
10.30 9.75
10.40 9.60
10.50 9.44
10.60 9.28
10.70 9.13
10.80 8.97
10.90 8.80
11.00 8.64
11.10 8.48
11.20 8.31
11.30 8.14
11.40 7.97
11.50 7.80
11.60 7.63
11.70 7.46
11.80 7.28
11.90 7.11
12.00 6.93
12.10 6.75
12.20 6.57
12.30 6.39
12.40 6.20
12.50 6.02

ベルトの巻きつき位置を御覧あれ!クラッチはキタコ、ベルトは純正品。




肉抜き軽量化してみた。クラッチシューの当たる面と外周が0.15mm程度振れていたので
センター穴基準で旋盤で切削した。組付け後ダイヤルゲージであたり、振れは0.02mm。





3AAトルクカムを使用。センスプは以前NRの15%を使っていたが、ベルトの磨耗が
激しいのでノーマルに厚さ4.0mmのスペーサーをかませて使っている。





クラッチスプリング。左からノーマル、キタコ強化クラッチ付属品、キタコ強化3YK用。
付属品は強すぎるので、キタコの3YK用が調度良い感じ。ちなみに線形は2.0mm。
ノーマルが1.8mm、付属品は2.2mmだった。いずれもノギスで測定。



2003/02



NRのセンスプ15%が1500q使用で自由長が4mmもへたってしまった。変速回転数も
徐々に下がり、再加速も鈍ってきたのでWRを徐々に軽くしてきたが、以前のフィーリングが
出ないので、スペーサーをかませる事にした。旋盤でS50Cを削り出している様子です。




とりあえず3種類の厚さを作ってみた。左から3.0mm、4.0mm、5.0mm。




今回は自由長がへたった分の4.0mmで組んでみたが、組込み当初のフィーリングが甦った感じ。
60q/hをパーシャルでキープしつつ、一気に全開くれた時のキックダウン&加速が最高でちゅ!



2003/05



KITAKO軽量クラッチ 570g、2000k強で終わってしまった。ノーマルは730g





超軽量!KOSOクラッチ 430g





中古で買った2枚羽、3GFの刻印 660g、こいつを肉抜きして使ってみよっかな。
’97jog90や’96Axisに使われているらしい。





切削加工して軽量化された3GFクラッチ、きっかり500gなり。





裏側の図!



2003/06



2枚羽用アウターを軽量化。





サンドショットをかけてみたけど、効果の程は・・・。




2003/08



この季節は20分も乗っていると熱ダレで変速回転&クラッチミートが下がってしまうので、
センタースプリングをD社20%にしてみた。組付け、分解はバイスを使っての作業なので
案外楽チンだけど、ベルトを入れる時は気合が要ります!クラッチはマロッシデルタ。
クラッチミート5500rpm、変速回転8500rpm、WR11g×3



駆動系の冷却効果アップを狙ってエアーの出口をリューターで加工した。