リフォームをお考えの時こそ耐震診断・耐震補強のチャンスです。計画的な補強工事で工事費用を節約しましょう。
 奈良県・橿原市で住宅・店舗をお考えの方ぜひご相談ください。 建築設計事務所は建て主さんの最良のパートナーです。 【木童建築工房】は奈良県橿原市の一級建築士事務所です。

最近の木童建築工房の活動記録

 2005年9月 【明日香村】 地域創造活動 in 明日香大化塾 

- 飛鳥「光の回廊」川原寺跡地区ライトアップイベント参加 -

最終更新 2006.1.20


去年初めて参加した明日香村のライトアップイベント「飛鳥光の回廊」に今年も「大化塾」が参加する事となり去年に引き続きお手伝いすることとなりました。

担当する会場も去年に引き続き川原寺跡会場。会場は創建時の伽藍配置がわかるよう復元された礎石が点々と並ぶ大きな広場になっていて、南側には聖徳太子生誕の地である橘寺が、東側の山の中腹には西国七番札所である岡寺の三重宝塔を望む事が出来るまずまずのロケーション。イベント当日これら寺院はライトアップされました。さらに実はメイン会場への玄関口にも当たるけっこう重要な場所でもあります。

重要な会場とは言え、この会場で使える予算は5万円、ロウソクやカップは支給してくれるとは言ってもなかなか今回も予算は厳く、普段ローコスト建築で鍛えてるとはいえどもとても悩ましい話です。

「大化塾」で話し合った結果、基本的には去年の計画をそのまま引き継ぐ方向で決まり、去年私がデザインして案外好評だった灯篭というか旗竿というかなんとも表現しにくいオブジェも採用される事になりました。

しかしこのオブジェ、元々この広い会場に昼間からお祭り気分を醸し出す事をコンセプトとした脇役用にデザインしたものですので主役をどうするかが問題になりましたが、劇団時空さんから舞台大道具の朱雀の張子を出して頂けるということになり無事解決。

この朱雀は劇団時空さんの舞台で蘇我入鹿が時空を旅するタイムマシンとして登場するもので今年は地域創り全国大会等のイベントでも引っ張りだこの大人気のキャラ。今年で役目を終え引退する予定でした、紙をワイヤー製のフレームに張り形を作っているので雨の心配の有る野外では展示できず、ご登場願いたいと思っていても皆言い出せなかった訳ですが、最後の晴れ舞台として主役を務めて頂くことになりました。

この「灯篭」(身内ではそう呼んでいます)は竹を切って布を引っ掛けています。田舎の事ですから竹には不自由しませんのでローコスト。またこのイベントは夜のイベントですが昼間は彼岸花祭りの期間中に実施され昼間でも「何かやっている」という気分にさせる物を置きたいと思った事ともあり、なにせ会場が広いのでローコストで有る程度かさばり、且つ設営が簡単なものを目指してデザインしました。

ロウソクはこの会場で約800本、地元の方々に設置、点灯、後片付けを手伝って頂いています。

この会場の広さで800本は少々少なめで会場もやはり暗いのですがこの少なさからくる空気感が不思議と落ち着きます。ちなみに、自転車で偵察に廻っておられた村長さん曰く「この会場は明日香っぽいよね」としみじみおっしゃっておられました。

あすか劇団「時空」さんの情報はこちらから http://asukakyo.jp/jikuu/


木童建築工房TOPページ | 【設計士さんと創る納得の家】TOPページ | 設計士さんに質問する