リフォームをお考えの時こそ耐震診断・耐震補強のチャンスです。計画的な補強工事で工事費用を節約しましょう。
 奈良県・橿原市で住宅・店舗をお考えの方ぜひご相談ください。 建築設計事務所は建て主さんの最良のパートナーです。 【木童建築工房】は奈良県橿原市の一級建築士事務所です。

― リフォーム工事例 ―

 ― U邸 アプローチ改修工事 ― 

最終更新 2007.1.31


(1)U邸 アプローチ改修工事 -施工前状況-

娘さんが結婚され自動車を使わなくなった為、車庫・玄関まわりを綺麗にしたいとアプローチの改修の設計・監理のご依頼を受けました。

↑現況の図面

ご依頼主に詳しい希望を確認すると以下のようなお話でした。

    ・車が無く駐車場は不要、防犯上ふさいでほしい。

    ・ふさいでほしいが、アコーディオンの柵などはダメ、あまり高い塀は風通しが悪いのでダメ。

    ・アプローチが短く窮屈、今の石の床は滑りやすいので滑りにくい仕上げで。

 

(2) U邸 アプローチ改修工事  -改修計画-

現場のある地域は「歴史的風土保存地区」のはずれにあたる地域であるため 、素直に和風のアプローチとすることにしました。

床は当初「擬石ブロック」とする予定でしたが石材店と打合せをしたところ、「中国産の御影石を輸入した状態(簡単に加工した状態)で使うと材料費はブロックと同じ」という事だったので中国産御影石としました。この御影石の表面加工はかなり荒い仕上げなので結果、非常に滑りにくい床仕上げとなります。

また、アプローチのルートをわざと当て曲げ、ルートを長く取ることにより、曲がる度に違った景色を見せることができる奥行きのあるアプローチ計画を設定しました。

また依頼主の奥さんの「アプローチに花を飾りたい」という希望から、道路側には、プランターを置いて花を飾る事ができるスペースを取りました。

 

(3) U邸 アプローチ改修工事  -改修後-

改修工事の終わった写真です。

依頼主さんが驚くほど広くゆとりのあるアプローチとなりました。

また、御影石を使ったのは正解で当初の擬石ブロックではやはり重厚感が出なかったと思います。材料費はブロックと同じでしたが石工さんの人件費はブロック工さんの2倍ほど掛かりました。しかしその分精度の高い施工となり、細々した部分もとても粋に納まっています。

塀の高さは、道路側で1m50cmです。

普通より少し低めですが、圧迫感が無く見通しが良いため防犯上も有効な高さです。

アプローチを90度曲げることで奥行きのある景色を見せる事が出来、狭いアプローチを広く見せています。

依頼主さんには、大変気に入っていただき、ご主人は遠方からのお友達が来られた際には、このアプローチでお友達と記念写真を撮られるそうです。また奥さんは、「お花を飾る所がたくさんあるから、たくさん育てなきゃ」とおっしゃっておられました。


木童建築工房TOPページ | 【設計士さんと創る納得の家】TOPページ | 設計士さんに質問する