尾北地方の土人形

 
尾北地方には名古屋人形や犬山人形の影響を色濃く受けた土人形産地がたくさんあったようです。久保一色のように面書に強烈な特徴があれば鑑別は容易なのでしょうが、 古名古屋や古犬山と酷似しているため、不勉強な私にはなかなか鑑別ができません。兵庫県と同様に尾北のコーナーを作成し展示します。  
敦盛

 さすがに歌舞伎人形の本家の愛知県だけあって、多くの産地で様々な型の敦盛の人形が作られています。この敦盛の産地がどこかはいろいろと異論もあるかもしれませんが、彩色、軽い手取り、白い土等を考え合わせると、どうしても名古屋や犬山近辺の人形の可能性が高いのではないかと考えています。犬山や名古屋ほどはかっちりと作られていないので、尾北として紹介しておきます。顔料が使用されており、水色でさらりと描かれた波の処理等より明治中期くらいまでは遡ることができるのではないでしょうか。ニス塗りの時代の人形とは一線を画する佳作と思います。高さ18cm。