花巻人形 壱

 花巻土人形は、江戸後期より岩手県の花巻で作られ始めた土人形です.天衣無縫の美と称されるごとく、個性豊かな形と華やかな彩色でいきいきとしたメルヘンチックな人形です.花巻の名前にふさわしく、桜や梅、牡丹などの花が巧みに描かれています.特に江戸期の人形は植物顔料を使用し、時代を経た蘇芳のぬめるような赤が妖艶で、優品ぞろいです.江戸期の人形をならべてみました.
熊乗り金太郎

 花巻人形独特のぬめるような蘇芳の赤が、剥脱なく残されています.この潤いのあるなまめかしいこの赤がたまらなく好きです.胸の緑地に花巻独特の牡丹の花が描かれています.面書きにも迫力があります.

鯛乗り童子

 鯛は花巻独特の赤で、表情もユーモラスです.江戸期の作品です.

牛乗り童子

 この構図の浮世絵も見たことがあります.禅宗絵画の十牛図の第六図騎牛図をモデルにしたそうです.難しい人形の意味はともかく、保存状態もよくかわいらしい作品です.

猫抱き娘

 江戸期花巻人形の女物です.猫の顔がとてもかわいらしく描かれています.

力士谷風

 相撲は古来より,娯楽あるいは神事として日本人に親しまれてきました.相撲取りの強さ,たくましさにあやかろうと,郷土人形でも各地で相撲取り人形が作られています.ここ花巻でもこのような羽織相撲が作られています.顔の彫りも深く,つり上がった目と眉毛といい,堂々として,とても強そうです.高さ28cm.