堀越人形

 鳥取県八頭町堀越で,明治中期から昭和初期まで木曽金次郎により作られていた人形です.山陰の人形ですが,作風は葛畑などの兵庫県の人形の影響を受けているようです.山陰の泥人形と異なり焼かれていますが,大変粗くざっくりとした土を厚く抜いてあり,とても重たくもろく,伝世品が少ない産地の一つです.紺色や銀色を多用し,独特の派手な模様のなかにも重厚さを感じさせます.
竹内宿弥と神功皇后

 有名な全国郷土人形図鑑では太閤と紹介されていますが,神宮皇后と対になった竹内宿弥です.山陰地方では良く作られた題材ですが,ここ堀越の作品は,動きには乏しいものの,堂々として存在感があり,名品だと思います.高さ37cm.明治後期