稲畑人形

 兵庫県氷上郡稲畑で作られている人形です.一般的に知られている稲畑人形は,凹凸が少なく,紫や赤を多用し,ニス塗りされた,明治後期以降の人形です.明治中期以前の,いわゆる古稲畑人形は,伏見人形の影響を強く残した人形で,丹や緑青で彩色され,手取りも軽く仕上げられている佳作です.
竹引き金時

 竹のように根が張ったものも楽々引き抜くことが出来る、そような健康な力持ちに育ってほしいという願いが込められた人形です。元型は伏見人形ですが、稲畑独特の岩のような構造物の上に人形が配されています。美術的にはあまり感心しませんが、人形を大きくみせるため、人形を安定させるためのようです。背面に稲畑の優品によく見かける、やまうめ印の刻印を認めます。大きく見開いた目がみどころです。