伝角館人形

 秋田県には中山人形、小坂人形など、花巻人形の流れを引く土人形産地がありますが、角館近辺でも花巻人形の影響を強く受けた人形が存在したようです。白岩地区で人形が作られていたと伝えられていますが、詳細に関しては全く不勉強でわかりません。今後の研究に期待したいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃれば、教えていただけると幸いです。いい加減ではありますが、問題提起の意味で、伝角館人形として掲載いたします。
内裏雛

 角館地方から採集された内裏雛です。全く同型で一回り大きな花巻の内裏雛がありますので、明らかに花巻の抜き型です。本家花巻と同様、男雛は差し首となっており、底は和紙が貼られています。赤は蘇芳と思われる植物染料が使われており、江戸末期から明治初期の作品と思います.花巻に比べると泥臭さがありますが、表情は崩れておらず、魅力ある人形に仕上がっており、脇窯の中でも出色のできです。