気仙沼人形

 宮城県気仙沼市の土人形です.昭和40年頃の廃絶ですが、戦後はほとんど製作されていません.人形の創始に関しては、文献が少なくはっきりしたことがわかりませんが、明治20年頃、堤人形を基にして作られ始めたということです.粗い土に雑な彩色で、人形としては上等なできではありませんが、そこがかえって人をひきつけます.伝世品の少ない産地のひとつです.
天神

気仙沼の人形は、二代目千葉兵之進の戦前の作品が有名ですが、この人形は、明治後期のもので、初代の作の可能性があります.決して上手な人形ではありませんが、無骨ななかにも見るものにせまってくる気品があります.