狐石人形

 山形盆地の周辺には,堤人形の影響を強く受けた複数の土人形産地の一つです.東根市狐石で作られていた人形です.日本郷土玩具研究会の詳細な調査で,東根市狐石で深瀬久七により作成された狐石人形に分類されました.
鯉かつぎ

素人くさく,あまり上手な人形ではありませんが,蘇芳と特徴的な水色を使用しており,狐石人形の特徴が良く表れた作品です.写真では猪野沢との区別が付きにくいかもしれませんが,底の作りや手取り,そして微妙な面書の違いで鑑別が可能です.
明治初期の作品です.