清水人形

 京都東山一帯は清水焼で知られているますが、陶製品のみではなく土人形も作られていました。清水寺参道では当然、伏見人形が売られていたようですので、その影響を受けて創始されたものと考えられます。豆人形が特に有名ですが、一般的な土人形も作られていたようです。顔が磨き出されており、金色を多用しているのが特徴です。
饅頭喰い

 清水の人形は小品が多いのですが、この人形は高さ35cmもある堂々とした人形です。背面に割松屋の陰刻があり、伏見の割松屋の型を使用した物と思います。伏見で作成されたのか、型を借りたのか詳細はよくわかりませんが、顔は磨き出され、金色に、松や菊が描き込まれており、清水らしい彩色に仕上げられています。明治後期頃でしょうか。