古賀人形

長崎市の郊外、旧古賀村で作られてきた人形です。いつの頃からか伏見、堤とならび日本3大土人形と呼ばれて大変有名な人形ですが、個人的には大変謎が多い人形と思っています。江戸期の創始で、古作には植物染料が使用されたと伝えられていますが、そのような古作がほとんど伝世していません。土人形関係の文献に掲載されている人形も、すべて化学顔料が使用された、昭和初期の作品のみです。これほど有名な産地で、江戸はともかく明治期の作品もほとんど伝世していないのはなぜでしょう? 阿茶さん、西洋婦人などの長崎ならではの独自型が多い一方、節句人形はほとんどが博多の抜き型です。初期古賀人形をお持ちのかたは教えてください。

おかげ参り

  当サイトの趣旨として、出来るだけ古い人形をご紹介すべきですが、残念ながら所蔵していません。おかげ参りとよばれているこの人形が、蔵品のなかでおそらく最も古く、あるいは明治末期くらいまではさかのぼれるかもしれません。おかげ参りとはお伊勢参りのことでしょうが、どうも異国風な感じがしてなりません。型は独自型で、かなり良くできています。