古製鶴岡人形

 尾形家で作られていた,いわゆる鶴岡瓦人形とは全く別系統の鶴岡の人形です.木型を使用し,首や手の部分に木が使用されているのが特徴です.鵜渡川原人形の誕生の起因になったのではないかと想像されています.人形屋幸助による創始と考えられていますが,詳細は不明です.
立ち娘

 首は胡分を塗った木が使用され差し首となっていおり,典型的な古製鶴岡人形です.植物染料が使用された江戸末期から明治初期の明治中期の作品と思います.高さ11cm.