鴻巣練人形

 埼玉県の鴻巣産、全身を赤く塗られていることより、鴻巣の赤物として有名です。練人形産地のなかで最も量産されたのではないでしょうか。一説によると張子、土人形を経て練人形が作られるようになったそうですが、現存する張子や土人形を見たことがないので真偽のほどは不明です。鴻巣煉物自体は江戸時代から作られていたようですが、赤物がいつ頃から作られるようになったのかは定かでありません。幕末明治初期の作品をご存知の方は教えてください。
熊乗金時

 赤物のなかでも定番中の定番です。近くは飯岡、遠くは久米で同型の土人形が模倣されており人気の高さがうかがえますが、江戸期の三春張子に同様のモチーフの人形が残されているので、鴻巣のオリジナルではないのかもしれません。両手で熊を抱えた人形がしか見たことがなかったのですが、この人形は珍しく右手を挙げており得意げです。高さ12cmと比較的大振りで、表面がでこぼこと粗く、赤も後世のものより明るく、かなり古い物ではないかと思っています。