久保一色人形

小牧市久保一色で作られていた土人形です.いわゆる尾北地方の土人形の中で,産地,作者が特定できる数少ない人形です.作者は仙田市兵衛と息子の佐太郎です.市兵衛の作品は目に特徴があり,薄手で犬山風の優品で,市兵衛雛として評判であったそうです.戦後に廃絶しました.
大黒

 一見犬山人形と思ってしまいそうですが,独特の目の描き方をした市兵衛雛です.まだ彩色の一部に丹と緑青が使用され人形の古さを物語っています.明治中−後期の作品と思います.最近では息子の佐太郎の作品ですら全く見かけなくなりました.