三春人形

奥州三春藩高柴村で江戸時代より作り続けられていた張子人形です. 梅,桃,桜の花が一時にひらくので三春という名前が生まれたそうです.郡山市西田町高柴となった現在でもすばらしい張子人形が作成されていますが,特に江戸期の作品は,植物染料が使用されており,張子ならではの美しい姿態,すぐれた表情等,美術品として高く評価されています.
女三番叟

 江戸期の三春張子です.着物は上半が黒,下が赤に塗り分けられており,堤の黒物や,根っ子町人形の彩色と相通じるところがあります.踊りの一瞬をとらえた美しいフォルム,植物染料による落ち着いた彩色,豊かな表情.三春人形は郷土人形の最高峰です.