村岡人形

 兵庫県の村岡町で作られていたと推測される人形です.葛畑人形の関宮町の山を挟んだ隣町になります.以前は古葛畑と考えられていましたが,独特の面書,粉っぽい胡粉等異なり,独立した産地であると考えられます.明治後期以降の伝世品を見かけませんので,明治末期までに廃絶してしまった可能性が考えられます.今後の調査が待たれます.
饅頭喰い

 二本の線の真ん中に丸や三角の眼点を入れた独特の面書をしています.この面書は明治後期の作品まで維持されています.胡粉は粗く,大変軽く焼かれており,内部に土玉が入れられています.他の兵庫県の古人形同様に,丹,緑青,黄土で彩色されており,型くずれもひどく,古伏見の影響を色濃く受けています.この饅頭喰いは,少ない伝世品の中でも抜群のできで,時代も江戸末期から明治初期はあるものと思います.