名古屋人形

  ニス塗りのけばけばしい人形があまり好きではないので,三河や美濃地方の人形はあまり手元にありません.名古屋人形も明治後期には多数の作者がいたようで,三河人形の影響を受けてニス塗りの人形が量産されていたようです.創始は犬山人形より古く,初期の人形は伏見人形の影響を強く受けており,犬山人形にも強い影響を与えたと考えられていますが,創始期の遺品は少なく,今もって謎につつまれています.古い人形はニス塗りされておらず,伏見四元色が使用されています.名古屋人形も残念ながら年に廃絶してしまいました.
着物相撲

 元型は伏見人形で,かなり型崩れをおこしています.着物全体に雲母が塗られており,上品な雰囲気をかもし出しており,丹および深い色の緑青でとても手慣れた彩色がされています.