根子町人形

 福島市清水町(旧称根子町)で江戸期から明治にかけて作られていた人形です.堤,花巻,相良の東北三人形に引けをとらない優品でした.堤の人形師による創始の伝承があり,彩色は堤人形に非常ににていますが,赤く荒い土で作られており,背面は著しく扁平となっていること,独特の細い吊り目で区別がつきます.飄々とした雰囲気より軽妙洒脱の美といわれています.なかなか入手が困難な産地の一つです.
鯛かつぎ

 東北地方によく見られる鯉かつぎの人形です.鯉を右にかついでいる人形が多いのですが,この作品は左かつぎです.花巻人形で見られるようなぬめるようなみずみずしい蘇芳の赤が使われています.

二福神鯛車

 状態は申し分なく,植物性顔料と緑青を中心に彩色されていますが,一部に群青が使われており衣服の描彩にきめ細やかさを欠くため,時代は若干若いと思います.根子町独特の細筆の吊り目です.荷車に乗せた鯛と巾着を大黒が引き,恵比寿が押すという大変おめでたい図柄です.同じモチーフの人形を堤人形では見たことがありますが,根子町では初めて見ました.高さ16cm,幅20cmと根子町人形にしてはかなり大ぶりです.伊達郡保原町の民家より採集されてます.

獅子かぶり

 状態があまり良くないので展示を迷いましたが,面書きのすばらしさにつられて展示しました.古堤人形に一歩も引けを取りません.