兵庫県の土人形

兵庫県の土人形は稲畑,葛畑,早瀬等が有名ですが,新潟とならび産地が産地未特定の人形が多数あります.この展示室では、兵庫県の産地未特定人形を紹介していきます。
西但地方 鯉抱き金太

 まだ鉱物顔料による彩色のなごりが見られ,西但、佐用地方地方から採集される人形のなかでも.かなり古い作品です.おそらく明治30年台ではないかと思います.ほどよい田舎臭さのなかにも気品があり,古稲畑や古葛畑に匹敵する優品だと思います.明治後期の伏見を忠実に真似ていますので、伏見との判別はなかなか困難です。

八千代近辺 相撲取り

 八千代近辺から採集された人形です。やはり明治後期の伏見を忠実に真似ていますので、伏見との判別はなかなか困難です。化粧まわしに描かれた、連銭模様が特徴です。おそらく明治30年台ではないかと思います.海山太郎は明治後期に活躍した幕内力士。最高位関脇。高さ40cm。堂々としたものです。