大阪練人形

 練り人形とは,桐の鋸屑に生麩糊を加えた物を練り固めて作った人形です.郷土玩具関係の本にはあまり詳しく記載されていませんが,江戸時代より大正時代にかけて,大阪で練り人形が作られていました.オレンジ色と群青色を中心に彩色され,剽軽な表情をした明治時代の人形が有名ですが,江戸時代の人形には渋い作品があります.
天神

 江戸から明治初期の大阪の練り天神です。かっちりとした型、渋めの朱赤による彩色、そして何より細く鋭く描かれた面相など、大変気品に満ちあふれています。明治中期以降のユーモアに満ちあふれた、いかにも大阪らしい飄々とした練り天神に比べると、面白みには欠けるかもしれませんが、上手物の人形にも引けを取らない秀作と思います。

座り娘

 大阪練り人形の女物には,あか抜けない人形が多く,美人は少ないとされていますが,この人形は,東北地方の土人形にも見劣りしない,上品な美人に仕上げられています.首は差し首です.数少ない江戸期の作品です.