尾崎人形

 佐賀県神埼町尾崎でで作られていた人形です.明治中期にはずでに廃絶、最後の作者山田武吉から型を譲り受けた水野甚三が昭和初期に復活しました。以後何回か中断復活を繰り返しているようです。距離的にそう遠くない筑後赤坂と同系統で、胡粉の上に荒い彩色がなされただけの、稚拙で素朴な人形です。
堂内天神

 お堂の中の天神もさることながら、両脇の狛犬は気づくのに少し時間を要する方もいるのではないでしょうか?。まるで影絵を見ているようです。、大変稚拙ですが、これも尾崎の魅力。戦前の水野作よりも彩色が古いような気もするので、あるいは廃絶前の作品かもしれないのですが、断定はできません。