佐土原人形

 宮崎県佐土原で作られている人形.九州の土人形の雄です.田舎っぽい独特の顔をしてますが,気品も兼ね備えています.もともと歌舞伎が盛んだった地方なので歌舞伎物が多く,また優品も多いようです.歌舞伎物は,2体,3体の組み物が多く,おたがいの人形の目線がきれいに交わっているのが特徴ですが,古作の組み物人形はなかなかそろって出てこないのが難点です.現在でも作られていますが,やや洗練されすぎているようです.
甘輝

 近松門左衛門作の国性爺合戦の甘輝ではないかと思いますがいかがでしょうか.もしそうだとしたら,この目線の先に,和藤内改め鄭成功がいるはずですが,残念ながら欠いているのではっきりしません.さし手,さし首の技法で作られていますが,さし手も欠いています.高さ44cmの超大型で,緑青塗りが大変きれいです.明治中期の作でしょう.