佐渡八幡人形

 佐渡島では明治から大正にかけて多くの土人形産地がありました.その中で最も歴史が古く,有名なのは,佐和田町で作られていた佐渡八幡人形です.北前船で運ばれてきた伏見人形や長浜人形の影響を強く受けています.昭和初期に廃絶してしまいました.小型の人形は,型いっぱいに粘土をつめて空洞をつくらない打ち込みと呼ばれる方法で作られています.
掛軸持ち童子

 宝珠が描かれためでたい掛け軸を持った子供です.丹朱,緑青,紫土が使用されており,明治初期の作品でしょう.空洞がなく,打ち込みで作られているため,扁平な作りになってます.