相良人形 弐

三番叟

  子供三番叟といえば堤人形が有名ですが、ここ相良でもこのようなかわいらしい三番叟が作られています。白と黒を含めてもたったの四色、この色数でこれだけの成果が出せるのは、さすが江戸期の人形師です。

獅子舞

童子姿の獅子舞です.小品ながら,童子の顔と獅子頭を逆方向に向けたり,獅子の口が大きく開かれていたり,なかなか手が込んでいます.三角目の書き方もほどよく かわいい作品です

大福帳持ち福禄寿

  福禄寿の人形といえば,どこの産地でもおもしろみの少い人形が多いのですが,江戸期の相良の福神は,どれをとってもかわいらしくしかも気品あふれています.この大福帳を持った福禄寿もおめでたさにあふれて良いできです.江戸後期