三条人形

 新潟県三条市で作られていた人形です.小林三六,野水某,藤倉某などの作者がいたようです.大正時代に廃絶したようです.小型で,凹凸少なく,ツルツルした手触りです.黒,赤,黄,緑,ピンクで特徴的な彩色がされています.今町人形との鑑別が問題になりますが,金泥の使用,および微妙な目の描き方で鑑別されてます.
鯛かつぎ

 とにかく可愛いの一言につきます.面書きは東北の古人形に匹敵します。

立ち娘

 三条人形の代表的な人形です。