下助淵人形

 村上地方からときどき採集される人形で、越後大浜とは明らかに異なる一群の人形です。村上市下助淵周辺から採集されることが多く、仮称として下助淵人形と呼ばれています。他に見られない型が多く、特に福神物に変わった型が多いようです。独特の二白眼が特徴です。明らかに鉱物顔料を使用した明治中期の作品も確認されていますので、もしかすると同じ村上でも越後大浜より発祥は古いのかもしれません。文献的には上助淵で内山分新により昭和後期まで土人形が作られていとのことですが、詳細は今後の調査を待ちたいと思います。
天神

 他に見られない型が多いなどと書きながらオーソドックスな天神を紹介します(これは後日展示予定の天神と対比させるためです)。どちらかというと不気味な表情をした人形が多い下助淵にあって、比較的明るくとぼけた表情が見所です。
明治後期の作品.