下滝人形

 稲畑の近く、兵庫県丹波市山南町下滝で作られていたとされる人形です。いわば稲畑の脇窯です。明治末期から大正にかけての、いわゆる棒稲畑に非常に良く似せて作られていますが、最大の特徴は,苆を入れて干し固められただけで、焼かれてないことです。また、独特のつやと磨きだされた顔、目と口の描き方等、本家稲畑と明らかに違います。残念ながら、この一群の人形が下滝で作られていたという確証となる資料はありませんが、現時点では下滝人形と呼ばれています。人形の出来はさておき、棒稲畑1000体に1体ぐらいの割合でしか採集されない、とても珍しい人形です。


扇持ち

 全く同型の人形が稲畑にあり量産されていますので、一見棒稲畑のように思えますが、、独特のつやと磨きだしが明らかに稲畑と異なります。また写真では分かりにくいかと思いますが、目や口の目や唇の描き方に下滝人形の特徴が出ています。もちろん焼かれてはいません。紫地に桜模様が美しい人形です。
高さ34cm.明治末期から大正時代.