下川原人形

 
青森県弘前市で作られている土人形、初代高谷金藏により文化年間に大沢村で創始されました。その後桔梗野(通称下川原)に移転し、現在まで作り続けられています。独創的な小物の人形笛が有名です。初代は筑前で修行したそうですが、博多型は見られず、かえって伏見型を認めるようです。
鬼若丸

古い下川原人形がどのようなものであったかは定かではありません文化年間の創始とされているにも関わらず古い作品はあまり知られていないように思います。まれに昭和初期の作品は紹介されていることがありますが、大多数の本では戦後の人形笛が紹介されてだけです。明治時代の作品を長いこと探していましが、ようやくこの1点を見つけることができました。丹や緑青が使用されていることより、明治中後期の作品と思われます。わずかに尾びれと鬼若丸の衣装の紫の線に後年の下川原の面影があります。
 稚児輪の少年が鯉を抱えていることより、題名を鬼若丸としました。鬼若丸は武蔵坊弁慶の幼名、比叡山の巨鯉を退治したという伝説が伝えられおり、浮世絵絵の題材にもなっています。土人形では博多系が有名です。
 高さ14cmと下川原としてはかなり大きく、当然土笛とはなっていなません。不思議なことに、鯉の頭が青く、背びれは緑、尾びれは上下で描き別けられており、大変カラフルです。表情も秀逸で見所の多い人形ではないでしょうか。