下小菅人形

 山形県米沢市の郊外の下小菅集落で,小山田亀蔵により明治末期から大正にかけて作成されていた人形です.紫がかった黒色による彩色が特徴です.
宝船

 床の間飾りの縁起物なのでしょうか,船に乗った七福神です.東北の人形としては表情の乏しい産地ですが、この人形は表情をうまく描いているようです