庄内伏見人形

 庄内地方では、鶴岡人形、酒田人形などの有名な産地以外にも、古製鶴岡、大宝寺、狩川などの産地が知られています。おそらくまだ知られていない産地もあることでしょう。ここに紹介する人形も、庄内地方から出てくる人形です。古伏見人形に酷似していますが、庄内以外から採集されることがないため、識者の間では、庄内伏見と呼ばれているようです。古鶴岡や大宝寺にも似ていますので、かなりの影響を与えたものと考えられます。伏見の工人が庄内に移って作った可能性も十分考えられますが、あくまでも推論です。
槌持ち童子

 もちろん伏見型です。古伏見と見違えてもおかしくないほど似ています。顔料や伏見ではあまり見ることがない胴模様は鶴岡風ですが、胡粉が全く塗られておらず、わずかに雲母がまかれている底の作りは伏見そのもので、胡粉がきれいに塗られた鶴岡と全く異なります。目の書き方などは大宝寺にもかなり似ています。後世の鶴岡でこの人形に大黒帽子をかぶせ福神仕立てにしたものが確認されています。かなり完成度の高い人形ですので、早く名前がつくといいですね。高さ 22cm.。明治初期。