津人形

 三重県の土人形に関しては、武井武雄氏の名著「日本の郷土玩具」(昭和5年刊)によると、津の土人形、松坂の土人形、久居の土人形、米之庄の土人形などが記載されていますが、詳しいことはほとんどわかっていません。津の土人形に関しても、津の公園前で奥村宗吉により作られていたと伝えられているのみで、詳しいことは何もわかりません。
俵牛

 いわゆる「津の俵牛」と呼ばれている人形です。武井武雄氏により「稀に見る傑作で、土玩俵牛中之れに及ぶものがない」と絶賛されています。珍品であるとは思いますが、そこまで絶賛される人形かどうかは疑問です。はたして、奥村宗吉の手になる物かどうかは不明ですし、個人的には名古屋?の印象もぬぐえないのですが、ここは先人から教えられた通り、津の俵牛として紹介します。