附馬牛人形

 遠野市内から北に25キロ.早池峯山麓の附馬牛(つきもうし)集落で江戸末期から明治初期にかけて作られていた土人形です.型、彩色はは花巻人形とよく似ています.土に和紙を混ぜて型どりし焼かずに乾燥させて彩色してあるのが特色です.花巻人形を一生懸命まねていますが、田舎臭いところが魅力的です.
神功皇后と竹内宿弥

 花巻人形を一生懸命まねていますが、田舎臭いところが魅力的です.