常石人形

  広島県沼隈町常石で作られていた土人形です. 現在でも常石張子として作り続けられています.初代宮本久平が明治の中期に土人形を始めましたが,運送のたびに破損が出るため,明治末期頃に張子に変えたそうです.全国の張子産地で土人形から始まったのは常石だけではないでしょうか.
娘三番叟

 もちろん土人形です.博多系の人形ですが,かなり型くずれがあり,写真ではわかりませんが,荒い土で分厚く焼かれています.博多系の人形は人形の完成度を追い求め過ぎるためか,無機的な表情をした人形が多いのですが,ここ常石の土人形は表情にほんのりとした甘みがあり,後年の張子に相通じるものがあります.明治後期頃の作品でしょう.四国の今治近郊の民家から採集されました.