鶴岡人形

 庄内地方の中心地鶴岡市で、江戸後期より尾形家で作られている土人形です.地元ではかわら人形ともよばれています.残念ながら昭和33年に廃絶してしまいました.北前船で上方より運ばれてきた伏見人形の影響を強く受けていますが、オリジナルの型も多いようです.美しい人形とはいえないかもしれませんが、おおらかで土臭く、どことなく暖かみのある人形です.
巻物取り

 兄弟なのか、友達どうしなのか、巻物の取り合いをする子供達の人形です.どういういわれがあるのかわかりませんが、鶴岡オリジナルの型のようです.細い三角眼と目の上のオレンジのぼかしがあり、明治初-中期の古鶴岡に属する人形です.鬢に毛植えがしてあります.鶴岡らしい、ほのぼのとした人形です.

山姥金時

 足柄山で山姥に育てられている金太郎を人形としたもので、同様の人形が日本各地で作られており、ここ鶴岡でも人気があったのでしょう、大小数種類の型が確認されています.細い三角眼、色数少ないも少なく、写真ではわかりませんが手取りが驚くほど軽く、古い時代の作品です.本来は山姥の頭に毛植があったののかもしれません.