八橋人形

 秋田市八橋(やばせ)で現在でも作られている人形です.よく「重厚で、土臭く、憂鬱さに満ちた趣が、雪深い秋田の風土を伝える」などと評されていますが、それは明治後期以降の八橋人形にあてはまることで、江戸末期から明治中期の、いわゆる古八橋人形は、伏見人形の影響を強く受け、朱と緑青を中心とした彩色で、明るく可憐な人形です.
宝珠持ち童子

 江戸末期から明治初期の古八橋人形です.とにかく、かわいらしいの一言につきます.糸のように細い目、垂れ下がった眉毛、朱玉の作品です.古八橋人形の特徴の一つとして、耳の部分に朱が施されています.

熊抱え金時

 明治初期から中期のの古八橋人形です.耳の部分に朱が施されています.雪国の陰鬱さを全く感じさせない、かわいく、明るい金太郎と熊です.この人形も、耳の部分に朱が施されています.

福助

 明治初期の古八橋人形の福助です.朱,胡粉で溶いた群青,墨の三色で彩色のみでされています.まさに手のひらサイズの幸運尾のマスコットです.福助人形はあまり好みではないのですが,このような福助は大歓迎.古八橋人形の特徴の一つとして、この人形にも耳の部分に朱が施されています.