猪野沢人形

 山形盆地の周辺には,堤人形の影響を強く受けた複数の土人形産地があったと推察されています.ここに紹介する人形も,一見堤人形のようですが,とても土に厚みがありずっしりと重く作られています.日本郷土玩具研究会の詳細な調査で,山形県の宮城県境猪野沢地区で土赤五郎吉により作成された作の猪野沢人形に分類されました.
子供三番叟

 元型は堤人形で,とても堤人形に似せて作られています.彩色も美しく,表情も好く,堤系人形あるいは堤の脇窯と呼ぶのはかわいそうです.赤は蘇芳と思われる植物性染料が使われており,明治初期の作品です.