OHMURA ART MUSEUM

ルネ・ラリックのガラスとフランス アール・デコのコレクション



Exhibition

開催中および今後の所蔵作品展のスケジュールです。開館時間およびに休館日は、臨時に変更・追加になる場合があります。

アール・デコのガラスとポショワール
− ルネ・ラリックとファッション・イラスト −

2018年10月6日(土)~2018年12月4日(火)

休館日:毎週木曜日

開館時間:10:00~17:00

 ルネ・ラリックのガラス作品と同時代のフランス高級ファッション誌を彩った手彩色版画(ポショワール)のファッションイラストを中心に公開展示致します。
アール・デコの時代は産業の機械化が進み、工業技術も格段に進歩した時代でした。そして一般庶民にも広くデザイン性の高い製品が普及し始めた時期でもあります。 そのような中、ルネ・ラリックはよりデザイン性、芸術性の高いガラス製品を量産する技術を開発し、フランスのガラスの巨匠として確固たる地位を得ていました。 また、当時の女性たちはコルセットの窮屈さから開放され、新しいスタイルのファッションを謳歌していました。
本展覧ではそのような時代の今なお色褪せない色彩とデザインを、所蔵のルネ・ラリックのガラス作品とポショワール版画でお楽しみ下さい。

2018年 10月
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
1 2 6
7 8 9 10 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
2018年 11月
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 30 1
2018年 12月
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
2 3 4 8
9 10 11 14 15
16 17 18 21 22
23 24 25 28 29
30
Policy
ゆっくり作品と語らいましょう
大村美術館は小さな私立美術館だからこそ、より作品に近づいていただきたいと考えました。
貴重な美術品を出来る限りケースに入れずに展示しています
作品の美しさを損なうことなく、また様々な角度から作品をご覧になれるよう、展示を工夫しました。作品に触れること、撮影等はご遠慮いただきますが、今まで以上に作品をよく見ることができるはずです。
作品が美しく見えるよう、館内の照明を工夫しています
美術館の展示室は、いわば日常を忘れさせてくれる夢の空間です。いつもとは違った作品の魅力を存分に味わっていただくために、最良のライティングを追求しています。
Topic
タイス
 ルネ・ラリック作
立像「タイス」1925年
タイトルとなっている「タイス」は紀元前400年に実在した女性で、アレクサンダー大王の東方遠征に連れ添ったといわれています。
つむじ風
 ルネ・ラリック作
花瓶「つむじ風」1926年
目に見えない風を力強く大胆な渦巻き文様で表現したラリックの代表作。

PageTop


Copyright 2009-18 OHMURA ART MUSEUM. All Rights Reserved.