買い物
  • 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを購入する。
  • 表示のある食品は消費期限などを確認する。
  • 肉や魚などは、水分が濡れて他の食品につかないようビニール袋に小分けする。
  • 冷蔵、冷凍が必要な食品は最後に買い物をする。
  • 買い物の後は寄り道せず、まっすぐ帰る。


    保存
  • 冷蔵や冷凍が必要な食品は、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる。
  • 冷蔵庫や冷凍庫は詰めすぎない(容量の割程度をめやすに)
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍は−15℃以下に維持する。
  • 肉や魚はビニール袋や容器に入れ、他の食品に触れないように保存する。
  • 肉、魚、卵など取り扱う前後は必ず手洗いをする。
  • 食品を直接床に置かない。また流しの下に保存する時は水濡れに注意する。


    下準備
  • 台所の衛生チェックをする。
  • 石鹸と流水で洗う(肉、魚、卵などを取り扱う時はそのたびごと)
  • 肉や魚を切った後の包丁、まな板は洗剤と流水でよく洗って熱湯消毒をする。
  • 包丁やまな板は肉用、魚溶、野菜用と別々にそろえる。
  • ラップしてある野菜、カット野菜もよく洗う。
  • 冷凍食品は、冷蔵庫の中や電子レンジ、流水を使って解凍する。
  • 同じ食品で冷凍と解凍を繰り返さない。
  • 下準備に使った調理器具は、すぐに洗剤と流水でよく洗う。







    戻る

    e-lindow@excite.co.jp