SRSV小型球形ウイルス


特徴
かき等の二枚貝は、SRSVと総称されるウイルスに感染されていることがあり、これを取り込むことによって起こるウイルス性の食中毒が増えています。特に生がきの消費量が多くなる11月から3月に多発する傾向があります。

症状
1〜2日の潜伏期間を経た後、吐き気、嘔吐、下痢、発熱(38℃以下)などを起こします。通常は3日程度で回復しますが、発症当日の症状が激しいのが特徴です。

予防
加熱調理する際は、中まで火が通るよう十分に注意しましょう。



戻る

e-lindow@excite.co.jp