Linux導入、ハードウェア構成、最新動向
Google

最新情報、ニュース、全記事セキュリティー情報メーリングリスト、MLlinux徒然コラムサイトマップ問い合わせ


▼ Linux徒然コラム

第六回「Zaurusハック(SL-C860)Special Kernelの導入」


筆者は外出時などでのメモやインターネットブラウズにZaurus SL-C860を愛用している。 実はというほどでもないがこれもLinuxベースのシステムで構築されている。 そこで、このザウルスに関連したTipsも載せていこうかと思う。 まずはSHARP Zaurus SL-C860 Special Kernelの入れ替え手順を説明していきたい。

Special KernelとはSHARPが提供しているものではなく、個人の方がカスタムし、高速化、多機能化を図っているカーネルである。 通常のまま使うよりも高速に動くのでぜひとも導入しておきたいものである。

まず最初に http://tetsu.homelinux.org/zaurus/kernel/v14e/ からSL-C860 special kernel v14e(2006.11.20現在)をダウンロード、 zImageに名前を変更する。

SL-C860 usb modules もダウンロード。

続けてhttp://developer.ezaurus.com/sl_j/source/c860/kernel_update_c860.htm からconsolescroll SL-C860用 updater.sh.c860をダウンロードし updater.shに名前を変更する。

電源つなぐ。

本体裏側の電池交換スイッチを「解除(交換時)」側に切り替え、5秒待ってから、 「Fn」キーと「HOME」キーを同時に押しながら電池交換スイッチを「ロック(使用時)」に切り替える

「OK」キーを押しながら、「電源」キーを押す。

メンテナンスメニューが表示されるので、「4-アップデート」を選択する。

用意したメモリカード(「2-CF」、「3-SD」)を選択し、「はい(Y)」を選択。

書き込みが終わった後、「Please reset」のメッセージが表示されるので再度最初の切り替え操作を行う。

メンテナンスメニューより 「3.完全消去(フォーマット)」を選択し、「はい(Y)」を選択。消去を実行した後、システムが起動すれば完了。 これでSpecial Kernelとなって起動する。

使用後の感想としてはDivxなどの動画再生などもある程度スムーズに動くようになった上に、Operaブラウザなども快適に起動する。 一方でやや電池を多く消費しているようなので、用途によっては電源回りのカスタマイズもしていくとよいように思えた。

2006年11月20日

次回は12月中を予定しております。
タイトルは「多機能ルーターはミニサーバー?(仮)」です。